【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


  • [0]
  • 訳の分らないジャパンカップ

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月23日(月)13時32分58秒
 
マイルCSではカンパニーが有終の美を飾りました。

今週末は訳の分らないジャパンカップです。


BCターフを連覇したコンデユイットが外国馬の大将格です。


個人的には見たこともない外国馬が走るジャパンカップと、キャリアの浅い馬ばかりの2歳重賞は手を出してはいけないレースだと思っています。


思っているだけですけど(笑)・


ジャパンカップのスレッドを立てました。

書き込みヨロシクです。


じゃあの。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [22]
  • JCの結果・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月29日(日)16時25分10秒
 
ウオッカが抜け出し・・

オウケンブリースリが襲いかかったところがゴールでした。


手に汗を握る叩き合いは、ウオッカに軍配が上がりました。


ユタカ乗り替わりという衝撃ニュースで幕開けしたジャパンカップは・・

鞍上を託されたルメールが見事に仕事をし、ウオッカの7つ目のG1をエスコートしました。


ユタカを降ろすという非情とも思える陣営の決断が功を奏しました。


史上初となる牝馬のG1・7勝馬が誕生しました。



2着に敗れたとはいえ、オウケンブルースリの末脚はスゴかったですね。

向こう正面では最後方まで下げました。


流れを読んだウチパクの好騎乗でしたが、わずかに及びませんでした。


3着にはレッドデイザイア、4着にはコンデユイットが入り

今年の3歳牝馬のレベルの高さに、コンデユイットは日本の馬場への適性を証明しました。


強行軍の中、うまく状態を維持したコンデユイット陣営に拍手ですね。

おりしも今朝、来週のJCダートの超目玉サマーバードの骨折が判明しました。


世界の超一流馬といえども、調整は難しいようです。



ワタシのリーチザクラウンは、大方の予想どおり逃げましたが・・

最後には余力は残っていなく、あえなく9着に敗れてしまいました。



今年の3歳馬ではリーチが1番強いと唱えていただけに、無冠で終わったことは残念ですね。

ユタカでなかったら、結果は違ったのかな・・



今年のJCは、収まるところに収まった感じですね。


ウオッカが本当に欲しかったのはJCのタイトルだったと思います。

3回目の挑戦で世界一の称号を手にしました。



角居さん、よかったですね(笑)・


有馬記念でウオッカとブエナビスタの対決はあるのか。



リーチ


また、アガれず・・


これが、ワタシの今年のJCのすべてでした(涙)・


結果は後ほどに。



じゃあの。

  • [21]
  • 山形競馬親父さん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月29日(日)15時44分16秒
 
残念でした。

また来週です。

  • [20]
  • エアシェィディ

  • 投稿者:山形競馬親父
  • 投稿日:2009年11月29日(日)15時29分45秒
 
残念ながら5着までで外れです(笑)上位とは離されたので完敗でした。

  • [19]
  • 山形競馬親父さん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月29日(日)15時05分8秒
 
了解です。

  • [18]
  • ジャパンC

  • 投稿者:山形競馬親父
  • 投稿日:2009年11月29日(日)15時04分24秒
 
マイネルキッツ エアシェィディからワイドを11 18を紐に追加します!

  • [17]
  • 山形競馬親父さん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月29日(日)13時50分47秒
 
こんにちは。

買い目了解です。

いい結果を。

  • [16]
  • Oyajiさん

  • 投稿者:山形競馬親父
  • 投稿日:2009年11月29日(日)13時39分9秒
 
こんにちは!ジャパンCはマイネルキッツ エアシェィディ単複  2頭からワイドで5 6 7 10 16に流します。あとは浅草キングスの単複も少々。

  • [15]
  • 華やかなJCの日になりました・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月29日(日)11時54分35秒
 
さきほど、子供の学習発表会から帰ってきました。


運動会では大活躍の息子クンですが・・

インドアは向かないみたいです(笑)・



華やかなジャパンカップの日になりました。

現在はJCとJCダートは別の週に行われています。


以前は土日と連続してG1が行われていたのはご存じのとおりだと思います。


7年前になりますか・・


土曜のJCダートを5番人気のイーグルカフェで

日曜のJCを9番人気のファウブラヴと



デットーリが二日連続でG1を制したのは記憶に新しいところです。



馬7・人3


と言われていますが・・


人7・馬3にも


人9・馬1にも思えるほどの衝撃を受けたものです。



カンパニーからデットーリ・ジャンプをして飛び降りるヨコテン見て、世界の名手の怖さを思い出しました。


世界の名手が多く来日しています。


今年の外国馬はいつになくハイレベルです。

迎え撃つ日本勢も役者が揃っています。



日本馬か

外国馬か


第29代のジャパンカップ・ホースの誕生を見守りましょう。



リーチ・・


そろそろ、ツモってくれ~!!




みなさん、いいジャパンカップを。



じゃあの。

  • [14]
  • JC2日前・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月27日(金)07時09分15秒
 
外国馬では、コンデユイットが人気を集めそうですね。

ブリターズカップ・ターフ連覇を含むG1・4勝馬です。


久々のビッグネームになります。


このレースの後は、日本のビッグレッドファームで種牡馬になるそうです。

日本で第2の人生を送るということは、日本の高速馬場に合う子供が生まれるということかな。


種牡馬になるための「顔見せ興行」だという意見があることも事実です。


それでも、ビッグネームの出走はありがたいことです。

デープインパクト、ハーツクライの対決で注目を集めた3年前は、外国馬はたったの2頭だけでした。


2年前は超目玉の凱旋門賞馬デイラントーマスが直前で回避しています。

世界の強豪を呼ぶことは難しいようです。


ジャパンカップに近い時期にアメリカでブリターズカップや、香港でもビッグレースがあり、なかなか有力馬が揃わないのが現状のようです。


特にヨーロッパの一流馬の来日が減ったのは、そのへんに要因があるようです。

それでもコンデユイットは来てくれました。


昨年はブリターズカップを勝ってからは休養に当てています。

今年は中3週で果敢に挑戦してきました。


昨年と違い、ちょっと厳しいローテーションですね。

これが顔見せと言われる由縁ですか。



ジャパンカップを勝つと1億3000万円のボーナスが出るから陣営は本気だとか。

ジャパンカップO勝のトレーナーが連れて来たから日本に合うとか。

ジャパンカップを知り尽くしたトレーナーがいるとか。。

アメリカの時計の速い馬場に対応できたとか。



そんなわずかな情報から、日本の馬場に適応できるかどうかを見極めなければいけません。

我々には分かりりません。


見たこともない馬のことを、スポーツ紙を見ながらあれこれと詮索するだけです。

ブリターズカップ・ターフは、どこの競馬場で距離はいくらなのか。



すぐに答えられる人はいるでしょうか。



競馬場はサンタモニカで、距離は2,400です。



日本にはスピード指数という優れたものがあります。

京都の2000で走った時計と、東京の2400で走った時計を同じ土俵に上げて比べようというものです。


スピード指数の信者は驚くほど多くいます。

なぜ、違う競馬場での時計を比べることが可能かというと、そこには膨大なデータがあるからです。


サンタモニカと東京を比べるといっても無理なハナシです。


我々はサンタモニカのサの字も知らないからです。


サンタモニカで思い出すのは、桜田淳子くらいです(笑)


一昔前は外国馬を一頭一頭、吟味したものです。

一生懸命になって名前を覚えたものです。


まあ、名前を覚え終わった頃にはレースは終わっていましたが(笑)


ジャパンカップに来る外国馬は


強い馬が勝つのではありません。

勝った馬が強いんです。

勝った馬が日本に合っていたということです。


見たことのない外国馬を脅威に感じるよりも、日本の馬の序列を考える方が大切だと思います。


これがジャパンカップを1回目から見ているオヤジの結論です。


それでは、ご唱和お願いします。


1、2、3 ダア~

じゃなくて



外国馬は



1にも2にも日本の高速馬場への適性です。

3、4がなくて

5が本気度

6、7、8、9がなくて

10が実績です。



じゃあの。

  • [13]
  • スクリーンヒーローは大外に・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月26日(木)18時38分32秒
 
ウオッカの乗り替わり

・・という衝撃的なニュースで始まったジャパンカップ・ウィークでしたが・・


今朝の新聞では

・・ダービー馬ロジユニヴァースが回避


枠順発表では

・・連覇を狙うスクリーンヒーローが大外枠と



風雲急を告げてきたように思います。



コンデユイットは8枠の16番に入りました。



迎え撃つ日本勢は


ウオッカが3枠5番

オウケンブルースリは5枠10番

スクリーンヒーローは8枠18番


そしてワタシのリーチザクラウンは5枠9番に決まりました。


エイシンデユビテイが4番、リーチザクラウンが9番ですね。

どちらが行くのか・・


内に入ったエイシンかな。


ロジユニヴァースの回避でインテイライミが出走可能になりました。

鞍上はスミヨです。




リーチ!!



今度こそ、ツモることができるか。


ワタシの注目は、その一点です。



じゃあの。

  • [11]
  • 宿六さん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月26日(木)06時42分8秒
 
おはようございます。

失業しましたか。

現在、データ室長を募集しています。

いかがですか。


よく当たるデータなら歓迎です(笑)


年金生活のたしにもなりませんけど(笑)

ご一考を。

  • [10]
  • ウオッカは??

  • 投稿者:宿六
  • 投稿日:2009年11月26日(木)06時16分19秒
 
おはよーさんです。
「週刊 う〇ご〇う」が終刊になったので、データ室長を失職してしまいました・・・

JCのウオッカは当然人気になりますが、ベストパフォーマンスはマイルだと思いますので、今は2400mはキツイでないかい・・・と。

  • [9]
  • ウオッカの取り捨ては・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月25日(水)19時08分8秒
 
天皇賞前の追い切り

天皇賞当日のパドックを見た専門家から


ウオッカの目標はジャパンカップではないかという怪情報が流れていました。


天皇賞~ジャパンカップ~有馬記念と続く王道は狙って3つ獲れるものではありません。


どこかで緩めなければいけません。

有馬記念で有力馬が、期待を裏切るのは余力が残っていないからです。



ハナシはソレましたが…

ウオッカは天皇賞ではなく、ジャパンカップが目標のような気がしてきました。


鞍上にはユタカではなく、ルメールを配してきました。

2週間前の登録の段階では、ウオッカはユタカで、ルメールはエリ女4着のシャラナヤの予定でした。



ユタカ~ウオッカというのは公然の事実のハズです。



それが、シャラナヤの回避で騎乗馬のいなくなったルメールに白羽の矢が立ちました。

突然の乗り替わりだと思います。



非情とも思える乗り替わりですが、ユタカにはリーチザクラウンというお手馬がいたために、大きな話題にはなっていません。


天皇賞での騎乗を見て、ユタカがウオッカから降ろされたという情報もあります。

降ろしたのは角居陣営だとか。


国際レースらしく、キナ臭いハナシが蔓延してきました。

真相は分かりませんが…


ワタシもウオッカの狙いは今回だと思います。

世界の名手ルメールの手でウオッカが復活。


そんなシナリオが見えてきます。



が…

ワタシの現時点での本命は、ウオッカを降ろされたユタカのリーチザクラウンです。



じゃあの。

  • [8]
  • JCの教訓・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月24日(火)21時05分47秒
 
ワタシは今年で29回目になるジャパンカップをすべて見ています。

別に何の自慢にもなりません。


長く競馬をしているだけです(笑)・



ジャパンカップの思い出でも・・

思い出というより、ワタシの原点になったレースかもしれません。


ジャパンカップは第1回、第2回と外国馬が上位を独占し


3回目で天皇賞馬キョウエイプロミスが2着に来たものの、日本馬が勝つまでは10年から20年はかかると言われたものです。

そんな中、翌年になんと日本馬が勝ってしまいました。



カツラギエースです。



10番人気での勝利でした。

鞍上はカワカミプリンセスでお馴染みの、現調教師の西浦氏です。


一躍「世界の西浦」になってしまいました。


三冠馬2頭の対決が話題を呼んだ年でした。



21年ぶりの三冠馬ミスターシービーに

1つ下で、史上初となる無敗の三冠馬シンボリルドルフです。



1番人気はシービーでした。


レースは大方の予想どおりカツラギエースの逃げで始まり

向こう正面の大けやきの所では、まだ20馬身も離した大逃げでした。


いつか後続の馬に飲み込まれると思って見ていましたが、直線に入っても二の足を使い逃げ切ってしまいました。


シービーは10着、ルドルフは4着でした。


2着には終始2番手を追走したベットタイムが入り、典型的な「行った、行った」で決着しました。


カツラギエースは2000メートルがベストと思われ、戦前から距離が長いと言われていたのを覚えています。

10番人気という低評価から分かるとおり、伏兵の域を出ない馬でした。



人気薄の単騎の逃げ馬の恐さを初めて知ったレースとして鮮明に覚えています。


逃げ馬にとっては距離、調教、近走の成績、人気は関係なく、展開がすべてであると再認識させられたものです。


いかに気分よく運べるかですね。


ワタシの馬券術の1つ、「人気薄の単騎の逃げ馬を狙え」の原点になったレースです。


先日のエリザベス女王杯もそうでしたが、ビッグレースでも起こりうることです。

クイーンスプマンテがブエナビスタより強いなんて、考えられないことですね。


これが競馬です。


この時も、東京競馬場は静まり返ったものです。


この教訓があったから、その19年後にタップダンスシチーから高配当にありつけることができました。


ワタシの思い出のジャパンカップは、もう25年も前になるカツラギエースの激走です。


古すぎてすみまそん(笑)


じゃあの。

  • [7]
  • V-MAXさん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月24日(火)20時36分11秒
 
こんばんは。

レス、ありがとうございます。

コンデユイットは久々の大物ですね。

やはり世界の実績馬が来ないと盛り上がりませんし、レースの格そのものに影響します。


結果は分りませんが、今年のジャパンカップの成功はコンデユイットが参戦するかしないかに、かかっていたように思います。

コンデユイットには、来てくれてありがとうですね。


後は日本の高速馬場に合うかどうかです。

正直走ってみないと分りません・・


条件がよくなるのは、オウケンブルースリですね。

それと、やはり怖いのはウオッカです。


天皇賞の追い切りを見た専門家が、あきらかにJC狙いに映ると言った言葉が頭から離れません。


が・・現時点での本命はリーチです。

  • [6]
  • ジャパンカップ

  • 投稿者:V-MAX
  • 投稿日:2009年11月24日(火)20時22分16秒
 
BC勝ってきた馬が来るのはコタシャーン以来でしょうか
ピルサドスキーとファンタスティックライトは1年ずれてましたし
コンデュイットは血統的に日本の芝はダメとか書かれてるの見ますが、持ち時計もいいですし買うつもりです

スクリーンヒーローは東京得意ですし、人気にはなりそうですね
連覇はない様な気がしますが

オウケンで狙おうと思いましたが、菊花賞馬はこのレース相性悪いので悩み所です

1番人気が2003年から3着⇒連対と続いてるので、3連単は1番人気3着付けで狙う予定です

http://blog.livedoor.jp/vmaxpal/


  • [5]
  • JCの予想オッズ・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月24日(火)18時45分36秒
 
下の数字は毎度お馴染みの、日刊スポーツのジャパンカップ特集号に載っていた予想オッズです。


シャラナヤは回避の予定です。


昨年の覇者スクリオーンヒーローが4.6倍見当で1番人気になっています。

意外ですね。


てっきり1番人気はウオッカだと思っていました。

当日には逆転しているかもしれません。


単勝で10倍を切るのはスクリーンヒーロー、ウオッカ、コンデユイット、オウケンブルースリの4頭になっています。


この4頭の人気は拮抗しそうです。



アサクサキングス     61.9

インターパテイション   13.7

ウオッカ          5.0

エアシェイデイ      90.3

エイシンデピュテイ    42.5

オウケンブルースリ     6.1

コスモバルク      348.9

コンデユイット       5.7

シャラナヤ        45.8

ジャストアズウェル    18.1

シンテイロ        30.4

スクリーンヒーロー     4.6

マイネルキッツ      20.3

マーシュサイド      31.6

ヤマニンキングリー    52.9

リーチザクラウン     15.9

レッドデイザイア     12.9

ロジユニヴァース     10.0



以下、今年のクラシックを賑わせた3歳馬ロジユニヴァース、レッドデイザイア、リーチザクラウンに


外国馬インターパテイション、ジャストアズウェルが人気を集めそうです。


春の天皇賞馬マイネルキッツに、その天皇賞で1番人気に支持されたアサクサキングス、昨年のグランプリホース・エイシンデユテイのG1馬はまったく人気ないですね。


この予想オッズだけを見ると、ローテーションが魅力のリーチザクラウンの人気のなさに食指が動きそうですね。



外国馬はコンデユイット、インターパテイション、ジャストアズウェル、シンテイロ、マーシュサイドの順になっています。

コンデユイット以外は伏兵扱いですね。



馬連はスクリーン~ウオッカの組み合わせが1番人気候補で、14倍見当になっています。

スクリーン~コンデユイット、スクリーン~オウケンも差がなく上位拮抗のオッズですね。



馬単はスクリーン→ウオッカが1番人気候補で23倍見当に。


3連単はスクリーン→ウオッカ→コンデユイットで90倍見当になっています。



BCターフ2勝のコンデユイットを、スクリーンヒーロー、ウオッカ、オウケンブルースリが迎え撃つといった図式ですね。


なお、この予想オッズは日刊スポーツから勝手に拝借したものなので、苦情、問い合わせにはお答えできません。


あしからず。



じゃあの。

  • [4]
  • 山形競馬親父さん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月23日(月)20時56分6秒
 
こんばんは。

リーチザクラウン、買いたいですね。

ローテーションもいいですし、後は折り合いだけです。

実力はこのメンバーに入っても遜色はないと思います。


ウオッカは天皇賞より、JCが目標のような気がします。

人気でなければ買いたい1頭ですが・・


人気でしょうね(笑)・


BCターフの覇者は、走ってみないと分りません。

あくまでもスタンスは、日本馬からです。

  • [3]
  • Oyajiさん

  • 投稿者:山形競馬親父
  • 投稿日:2009年11月23日(月)20時48分32秒
 
こんばんは! JCはブリーダーズCを勝った馬は強そうですね(笑)持ち時計もありますし、うちはリーチザクラウンの大逃げに注意だと思います!人気のウォッカは3着までかもしれません(笑)

  • [2]
  • JC6日前・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月23日(月)19時41分4秒
 
サイトを通じて仲良くして頂いている方が、ブログを閉鎖するみたいです。

ワタシにとっては1番付き合いが長く、苦楽を共にしてきた方です。


ワタシがブログを閉鎖した時にはコメントはありませんでした。


お互いにブログを更新することの大変さを分かっており、静観したのは彼なりの優しさだったように思います。

したがって、コメントはありません。


代わりに・・

今週は書いて書いて、書きまくります(笑)・



ジャパンカップは今年で29回目を迎えます。

現在、日本馬14勝外国馬14勝だそうです。


今年に勝ち越しがかかっています。


数字上は互角ですが、出走頭数は日本馬の方が多いので、外国馬の頑張りが目に付きます。


外国馬14勝の内訳は・・



アメリカ4勝

イギリス4勝

アイルランド1勝

フランス1勝

ニュージーランド1勝

オーストラリア1勝

ドイツ1勝

イタリア1勝



です。


ここ10年では日本馬が圧倒的に強く、8勝を挙げています。

最近の成績からは、外国馬が日本馬と互角の成績を挙げていると言われても、ピンときませんね。


今年で29回目になりますが、ワタシは第一回目から見ています。


だから、どうしたって(汗)・


JC開設当時の日本は、競馬後進国の位置付けであり第一回は地の利ということで、モンテプリンスが2番人気に支持されました。

が・・モンテプリンスは7着に敗れ、1~4着までを外国馬が独占しました。


第二回も1~4着を外国馬が独占し、日本の馬が勝つには10年から20年はかかるのではと言われたのが懐かしいですね。


第一回にはインドの馬が参戦しました。


前哨戦の富士ステークスで大差のシンガリ負けに敗れたのを記憶しています。


インド馬の参戦や、観光半分で世界の実績馬が来日と、今では考えられない時代もありました。



じゃあの。

  • [1]
  • JCウィーク開幕・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月23日(月)14時36分50秒
 
華やかなジャパンカップの週が開幕しました。


土曜は9Rセレブレイション賞、10Rオリエンタル賞、11RキャピタルS

日曜は8Rシャングリラ賞、9RウェルカムS、10Rジャパンカップ、11Rアプローズ賞


と国際色豊かなレースが控えています。


ジャパンカップは10Rです。

お間違いのないように。



エリザベス女王杯4着のシャラナヤが回避し

外国馬はアメリカ馬3頭、イギリス馬2頭の5頭が出走を予定しています。


なかでもBCターフを連覇しているコンデユイットが大将格です。


英セントレジャー、キングジョージ&クイーンエリザベスS、そしてBCターフ2勝のG1・4勝馬です。

BCターフを勝ってからの来日です。



ブリターズカップ・ターフを2回勝とうが・・

凱旋門賞を勝とうが・・



そんなことは関係ありません。


いつも書くことですが、肝心なのは日本の高速馬場に合うかどうか・・

その1点です。



1にも2にも日本の高速馬場への適性・・

3.4がなく・・

5が本気度・・

6.7.8.9がなく・・

10が実績です。



一応、国際G1の勝ち馬には敬意を払わなくてはなりません。

目玉がいないと盛り上がりませんから・・


ジャパンカップのカギを握るのはコンデユイッットの出否にかかっていると言われていました。

ビッグネームの参戦は嬉しい限りですね。


そのコンデユイットは、ビッグレッドファームの岡田繁幸氏が購入したみたいです。

岡田氏は日本でも5本の指に入る「相馬眼」の持ち主だと言われる人物です。


今後は種牡馬となるのか・・

岡田氏が見染めたということは、日本の馬場に合うということかな・・


ちょっと、やっかいですね。



最近はジャンカップが創設された頃と違い、観光気分で遠征して来る馬も減りました。

わざわざ遠征して来る限りには勝算があるからだと考えた方がよさそうです。


エリザベス女王杯4着のシャラナヤ

マイルCS3着のサプレザ


と外国馬の頑張りが目立っています。


4~3着と来たら・・


次は・・


何着かな・・



1にも2にも日本の馬場への適性です。

実績ではありません。


見たことのない外国馬を驚異に感じる必要はありません。


日本馬重視でいいと思います。



じゃあの。


レンタル掲示板