<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [9]
  • ウオッカの取り捨ては・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月25日(水)19時08分8秒
 
天皇賞前の追い切り

天皇賞当日のパドックを見た専門家から


ウオッカの目標はジャパンカップではないかという怪情報が流れていました。


天皇賞~ジャパンカップ~有馬記念と続く王道は狙って3つ獲れるものではありません。


どこかで緩めなければいけません。

有馬記念で有力馬が、期待を裏切るのは余力が残っていないからです。



ハナシはソレましたが…

ウオッカは天皇賞ではなく、ジャパンカップが目標のような気がしてきました。


鞍上にはユタカではなく、ルメールを配してきました。

2週間前の登録の段階では、ウオッカはユタカで、ルメールはエリ女4着のシャラナヤの予定でした。



ユタカ~ウオッカというのは公然の事実のハズです。



それが、シャラナヤの回避で騎乗馬のいなくなったルメールに白羽の矢が立ちました。

突然の乗り替わりだと思います。



非情とも思える乗り替わりですが、ユタカにはリーチザクラウンというお手馬がいたために、大きな話題にはなっていません。


天皇賞での騎乗を見て、ユタカがウオッカから降ろされたという情報もあります。

降ろしたのは角居陣営だとか。


国際レースらしく、キナ臭いハナシが蔓延してきました。

真相は分かりませんが…


ワタシもウオッカの狙いは今回だと思います。

世界の名手ルメールの手でウオッカが復活。


そんなシナリオが見えてきます。



が…

ワタシの現時点での本命は、ウオッカを降ろされたユタカのリーチザクラウンです。



じゃあの。