【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


  • [0]
  • エリ女です・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月 4日(水)19時12分5秒
 
今週はG1の中休みですが…

来週のエリザベス女王杯から有馬記念まで、7週連続とG1が目白押しです。


エリ女をゲットして、幸先のいいスタートを切りたいものですね。


気が早いですが、エリ女のスレッドを立てました。

よろしくです。



エリ女の最終登録馬が発表されました。

フルゲート18頭に22頭の登録があります。


残念ながら秋華賞馬レッドデイザイアがエリ女を回避し、ジャパンカップ参戦を表明しました。


ブエナビスタとレッドデイザイアの再戦がなくなっていましました。


ブエナのリベンジの場が…


牝馬クラシックで凌ぎを削ってきた3歳・2強の争いが焦点でしたが




ブエナビスタ

VS

歴戦の古馬




に様変わりしました。


ブエナビスタ、ブロードストリートを取り囲む熟女包囲網といったところですね。


ウオッカにレッドデイザイアがいないのは残念ですが・・


古馬相手にブエナがどんな競馬を見せるか。


書き込み、よろしくです。



じゃあの。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [11]
  • バッカスよう

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月15日(日)21時09分59秒
 
いつもすまんのう。

穴党にとってはケンのレースじゃったが、ここまで荒れるとは思わんかったのう。

ブエナもこの秋は、運に見放されたようじゃ。

これも競馬で。


いつか、ビッグレースで今日のようなレースを獲りたいのう。

人気薄の逃げ馬から買うて、「そのまま、そのまま」と叫びたいものよ。


オーロSをハズしたか。

マイルCSで、あっと言わしたろうで。


じゃあの。

  • [10]
  • SASUKE8さん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月15日(日)21時04分33秒
 
こんばんは。

レス、ありがとうございます。

まさかの展開でしたね。

人気薄の先行馬が1頭は残ることはありますが、2頭ともに残るとは思ってもいませんでした。


それと、ブエナが3着になることもです。


友人さんも残念でしたね。

逃がした魚は大きかったようです。


穴馬を2頭も拾うのは至難のわざですね。

マイルCSで巻き返しましょう。

  • [9]
  • こんばんは。

  • 投稿者:バッカス
  • 投稿日:2009年11月15日(日)19時26分13秒
 
oyajiさん、エリ女とんでもない結果になったのう
荒れるときはこんなもんかいのう
わしわ当たる気せんでケンしよった
じゃがのうオーロでゲイルからいって外しよったで
マイルCもカンパニー飛びよるで

じゃあの。

  • [8]
  • エリザベス女王杯が終わって

  • 投稿者:SASUKE8
  • 投稿日:2009年11月15日(日)18時43分57秒
 
またまた・・・・だめでした。
今日は、友人とウィングへ行ってきました。
まあ、トントンで帰ってきましたが、友人は、
エリザベスですが、馬連で07・16と11・16を買っていました。
私は、今回もブエナがとぶよといい、彼は、クイーンスプマンテか
テイエムプリキュアがくるといいどちらも 人の言うことを
きかず、頭をかかえてしまいました。
私は、全くだめでしたが彼は3連の馬券を買ってればもしかして・・・
しかし、競馬はおもしろい!

  • [7]
  • 世紀の大波乱で・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月15日(日)16時25分24秒
 
荒れましたね。

人気薄の逃げ馬の怖さを再確認させられました。


これが競馬です。

いつでも捕まえられるという意識が、後続の騎手に働いたのは言うまでもありません。



忘れた頃にやってきます。

逃げ馬の場合は近走の成績や人気は関係ありません。


すべては展開です。


逃げたクイーンスプマンテが勝ち、2番手のテイエムプリキュアがそのまま2着に・・

ブエナビスタの追い上げは及びませんでした。



単勝は7,710円で・・

馬連も102,030円と10万馬券・・

3連単は150万馬券で決着しました。



関東馬、小島茂厩舎で関西の競馬場でのG1とくると・・

昨年の秋華賞のブラックエンブレムと同じです。


お馴染み栗東滞在の関東馬です。


新しいことをドンドンと取り入れる、若い調教師から目が離せません。

まさか、こんな形でブエナが敗れるとは思ってもみませんでした。


人気薄の逃げ馬の怖さを再確認させられた、今年のエリザベス女王杯でした。



人気薄の逃げ馬を狙え・・


ワタシの馬券術の1つじゃなかったっけ(汗)・


節目、節目でこんなことがあります。

いつもいつもはありませんが・・


忘れた頃にきます。


常に展開を念頭に入れて予想をしなくては・・



じゃあの。

  • [6]
  • JRAがいうには・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月13日(金)19時46分1秒
 
JRAに登録すると、G1の週に「JRA Mail News」というのが送られてきます。


下のコピーは、それに載っていたデータです。



■ JRA Mail News限定「エリザベス女王杯(GI) データ分析」
--------------------------------------------------------------------------------

〔前走「4番人気以内」が理想!〕
過去10年の出走馬の、前走の単勝人気別成績を見ると、3着以内馬28頭(前走が海外のレースだった2頭を除く)のうち23頭が、前走で「4番人気以内」の支持を受けていた。なお、前走「6番人気以下」から3着以内に入った馬は4頭いるが、そのうち3頭が前走で牡馬混合の重賞に出走、残り1頭(昨年の優勝馬リトルアマポーラ)の前走は秋華賞(6番人気6着)だった。
                               (河野道夫)

〔表〕前走の単勝人気別成績(過去10年)

前走の単勝人気   成績       勝率    連対率    3着内率
1番人気     3-3-2-11    15.8%     31.6%     42.1%
2番人気      1-3-3-14     4.8%     19.0%     33.3%
3番人気     0-1-2-16       0%      5.3%     15.8%
4番人気     2-2-1-16     9.5%     19.0%     23.8%
5番人気     0-1-0-13       0%      7.1%      7.1%
6番人気以下   3-0-1-54     5.2%      5.2%      6.9%
※前走が海外のレースだった8頭を除く。



4番人気以内かあ・・


該当するのは・・


カワカミプリンセス

ニシノブルームーン

ブエナビスタ

ブロードストリート

ミクロコスモス

メイショウベルーガ

リトルアマポーラ


の7頭です。


ブエナビスタを筆頭に上位人気馬ばかりじゃない。

堅いということかな。



主催者が言うことなので・・

間違いないと思います(笑)・



主催者によると、今週はジャパン・オータムインターナショナルの開幕週になるそうです。


エリ女をゲットして、いいジャパン・オータムインターナショナルの開幕週にしたいものですね。



じゃあの。

  • [5]
  • 出走馬確定・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月12日(木)19時13分27秒
 
エリ女の出走馬が確定しました。

レッドデイザイア、レジネッタが回避

ベッラレイアが引退


ベッラレイア引退で浮いたユタカは、繰り上がりで出走権を得たミクロコスモスとのコンビになります。



ブエナビスタの相手探しの様相になってきました。

ブエナの強さは、いまさら言うまでもありません。


秋に惜敗した2レースは、平坦、小回りのコース形態で力負けではないですね。



直線が長くなるのはプラス

外回りなら直線だけでも間に合う



条件がよくなる点と、アンカツのコメントを素直に信頼してもいいのでは。



ブエナの相手は


同い年の少女なのか。

年上の熟女なのか。


同い年だと、ブロードストリート、ジェルミナル、ミクロコスモス辺りになります。

一応外国馬シャラナヤもですね。


では年上の熟女はどうなのか。

このレースを難しくしているのは、絶対的な古馬がいないからです。



前哨戦となった府中牝馬SでG1馬カワカミプリンセス、リトルアマポーラが6着、5着に敗れてから古馬の牝馬戦線も混沌としてきました。

古馬の2枚看板の案外な敗戦が、2番手以降の混戦に拍車をかけることになりました。




勝ったのは人気薄のムードインデイゴです。

この馬に全幅の信頼をといっても難しいハナシです。


その前のクイーンSを勝ったのは、11番人気のピエナビーナスです。


日替わりで勝ち馬が変わり混沌としています。

個人的には古馬の方が経験が豊富で、一日の長があると思っています。



古馬の経験を取るか

3歳馬の勢いを取るか。



どのみち、ブエナを中心に

カワカミ、リトル、ブロード、ジェルミナル、ムード辺りに絞れそうです。


秋華賞の時にように、展開や位置取りを気にする必要はありません。


穴党の出番は、来週マイルCSですね。

無理な穴狙いは禁物のような気がします。



じゃあの。

  • [4]
  • 役に立たなくなった予想オッズ・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月11日(水)20時44分57秒
 
毎度お馴染みの予想オッズです。

いつものとおり、日刊スポーツの「エリザベス女王杯特集号」に載っていたものです。


この特集号が発売されてから、レッドデイザイアにベッラレイアが回避しました。

まったく当てにならないものになってしまいました。



ご了承ください・・



ウェデイングフジコ    110.7

カワカミプリンセス      7.9

クイーンスプマンテ     87.2

サンレイジャスパー    117.8

ジャルミナル        31.1

シャラナヤ         15.2

チェレブリタ        96.1

テイエムプリキュア     61.0

ニシノブルームーン     20.3

ピエナビーナス       40.6

ブエナビスタ         2.9

ブラボーテイジー      30.9

ブロードストリート      9.5

ベッラレイア        12.3

ムードインデイゴ      12.6

メイショウベルーガ     13.9

レッドデイザイア       4.4



レッドデイザイアの回避により、ブエナにますます票が集まりそうです。

2倍切るかも・・


古馬が相手と相手関係が厳しくなるのに、秋華賞より被るかもしれません。


あくまでも上の予想オッズは参考までにしてください。


なお、この予想オッズは日刊スポーツから勝手に拝借したものなので・・

苦情、問い合わせにはお答えできません。


あしからず・・



じゃあの。

  • [3]
  • V-MAXさん

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月 9日(月)22時00分43秒
 
こんばんは。

レス、ありがとうございます。

京都の外回りに変わることは、ブエナにとってはプラスです。

いくら歴戦の古馬が相手といえども、負けることは考えづらいですね。


ブエナの相手は同級生(笑!)のブロードストリートなのか、上級生の先輩になるのか・・

上級生の経験を取りたいと思います(笑)・

  • [2]
  • エリ女

  • 投稿者:V-MAX
  • 投稿日:2009年11月 9日(月)21時18分57秒
 
3歳は3年連続勝ってますね
今年も昨日の京都の勝ち馬見てたらブエナにぴったりな感じがします
基本荒れないG1ですので今週は堅いかもしれません
しかし、3歳ワンツーはない様な気はします

http://blog.livedoor.jp/vmaxpal/


  • [1]
  • エリ女ウィーク開幕・・・

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2009年11月 9日(月)19時21分31秒
 
最大のライバル・レッドデイザイアの回避

ウオッカ、ダイワスカーレットがいた最強世代の一角ベッラレイアの引退もあり


ブエナビスタ1強ムードが漂ってきました。


もちろん大事なのは、3歳馬と古馬との力関係ですが・・


札幌記念を見るかぎりでは、ブエナの強さは古馬に混じっても遜色のないものです。



あとはブエナが力を発揮できるか。

その一点に尽きると思います。



秋になって惜敗続きですね。



札幌記念2着に端を発し

凱旋門賞断念

秋華賞降着



と歯車が狂ってしまいました。


秋華賞では初めて同じ牝馬に敗れました。

エリザベス女王杯で悪い流れを断ち切ることができるか。


悪い流れが好転する要素も多くあります。

ライバル・レッドデイザイアの回避に、直線の長い外回りに変わるということです。


古馬との対戦でメンバーが強くなりますが、自分のレースさえできれば、結果はついてくると思います。



怖いのは負の連鎖だけですね。



今回古馬陳の大将格となるカワカミプリンセスは、エリ女で降着になって以来、3年間勝ち鞍がありません。


無敗でオークスを制し、史上最強の牝馬と呼ばれたこともありました。

エリザベス女王杯での降着がなければ、オークス~秋華賞~エリザベスをぶっこ抜いた実績は歴代の牝馬と比べても遜色のないものです。

それが1つ下のウオッカ、ダイワスカーレットの影に隠れ、脇役に回ってしまいました。


先日引退を表明したベッラレイアにしてもそうです。


ウオッカ、ダイワスカーレットとともに牝馬最強世代の一頭です。

ウオッカ、ダイワと3強を形成していました。


それが丸2年半も勝つことができず、引退となりました。

一度狂った歯車を元に戻すのは難しいようです。



ウオッカ、ダイワスカーレット級の馬はマレだということです。


ブエナがウオッカクラスになるには、もう取りこぼしは出来ません。


力で古馬を薙ぎ倒すことが出来るか。

それしかありません。


今回ばかりはブエナが負けるとすれば、展開や位置取りではなくブエナの負の連鎖が要因になるような気がします。



じゃあの。


レンタル掲示板