teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


平成12年度卒 赤沼 殿

 投稿者:昭和62年度無期限自粛中のOB  投稿日:2020年10月 9日(金)02時04分24秒 flh3-49-129-243-95.tky.mesh.ad.jp
  ご無沙汰です。
世代を越えて悩み(問題・議論)を共有出来る環境があることを嬉しく存じます。

Twitterに関しては先述通り拝見しております。(拝見するのみ)
Facebookは、利用したことがありません。
今後もその手の類は利用することはないと存じます。
(個人的に、常時不特定多数の方々と繋がっている(?)環境に馴染めない為)
じっくり自分の考えを纏めてから書き込める掲示板の方が性に合っているように存じます。
私はどちらかというと感情的になってしまう性格なので、
思い付きで書き込むのではなく、平常心の時に今一度自分の書き込みたい内容を確認し、
整理してから書き込むように心掛けております。
(そうでもしないと、私自身が掲示板を荒らす原因となってしまいそうだからです。)
間髪入れずに返答書込みしていると、他の方々の書き込みを阻害しかねないとも考えます。

経験談、成功談はもちろん、特に失敗談は将来の肥やしとなります。
(現役時代の経験・引退卒業してから経験)

應援團に限らず、様々な事柄において、
過去に正しいとされていたことが、現在誤りだということがあります。
現在正しいとされることが、将来誤りとなることがあります。
逆もまた然り。
同じことの繰り返しになってしまいますが、
目に見えるものはその時代に応じて変化していっていいと存じます。
内に秘めた大事なものを見失わなければ。(これは、一生ものです)


今、直接現役のサポートを率先して行って戴いているOB諸兄
公私共にお忙しい中、御尽力誠に有難う御座います。
もし、私の書き込みが私の見えないところで弊害となる場合は、
遠慮なく事務局を通じ私にその旨お伝え戴ければ、発言を差し控えるように致します。


私も事務局の一員ですが、
政権同様、同じ役員が長期に亘ると、兎角不満が出る(募る)もの。
特定の人物が長期に亘り権力を握ると、あまり良い結果を生み出しません。
現在の事務局を非難しているわけではありません。
むしろ長きに亘り大役を引き受けて戴き有り難い反面、
それが禍(わざわい)にならないようにして戴きたく存じます
OB会会則がどのようなものか存じませんが、(本来それではいけないのでしょうが)
役員の任期や選出方法など、折を見て議論した方が宜しいかもしれません。
個人的には、そろそろ荷を下ろしたく存じます。(会計監査)
引継ぎは勿論、しっかりと行います。
 
 

投稿拝見しております。

 投稿者:平成12年度卒 赤沼  投稿日:2020年10月 7日(水)12時46分49秒 KD182251115017.au-net.ne.jp
  お世話になっております。平成12年度卒の赤沼です。
諸先輩方のやりとりは私以外も拝見しております。
同期含め、掲示板のやりとりは勿論ですが、現役の現状等について意見を交わすこともしばしばございます。あえて掲示板含めSNS等には書き込みしておりませんが。
この掲示板はもしかしたら過疎化が進んでおり、また、ツールとしては現役が管理しているであろうTwitterや、OB会のFacebookページがありますので、そちらにシフトしているかなと思われます。
情報発信ツールのひとつに本掲示板があることは確かですが、在り方などについて管理者に確認してみたいと思います。
 

祈 コロナ終息

 投稿者:昭和62年度無期限自粛中のOB  投稿日:2020年10月 4日(日)23時49分35秒 flh3-220-144-111-101.tky.mesh.ad.jp
  確かに62年度空は晴れたり殿が仰る通り、二人だけのキャッチボールになってしまっているようで、
少し寂しい気もします。
恐らく殆どのOB諸兄がこのページをご覧になっていないのでしょう。
少しでも多くのOB先輩、同期、後輩、現役に、こんなOBの意見もある、と知って戴きたいのです。
同感、反論、意見をぶつけ合うのも期待していたのですが、
我々の見えないところでぶつけ合っているようで、それはそれで時代の流れというものでしょうか。
掲示板が炎上しないだけ良かったと考えることにします。
本当は一堂に会して話し合うのが一番だと思いますが・・・なかなか現実的には難しいと存じます。

62年度空は晴れたり殿
吐くまで飲むのは拒否しますが、
コロナ終息後、三人で会えることを、心より楽しみにしております。
(会いたい時に直ぐ会えない現状が本当に辛い)

それまでどうぞご無事で、お互い健康第一。
 

(無題)

 投稿者:62年度 空は晴れたり  投稿日:2020年10月 3日(土)14時55分40秒 p2078-ipngnfx01marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  昭和62年度無期限自粛中のOB殿と直接携帯等でやり取りすればいいと思われてしまいそうですが、すべてのOBが当事者であると考えた結果、あえてこちらに書き込みをせていただくことにしました。
ただ、貴殿も書き込まれていましたが、はたしてどれだけのOBの方の目に触れられているのですかね?
ちなみに1期下の副団長殿からは直接連絡をいただきまして、私の書き込みに対する意見を聞かせてもらいました。
コロナが終息したら副団長殿と飲む約束をしています。その際は昭和62年度無期限自粛中のOB殿も一緒に、昔話をしながら吐くまで安酒を飲みまくりましょう?


さて本題ですが、現団長は今後の活動についてどのように考えてるのでしょうか?何か計画はあるのでしょうか?
また、引退したばかりの3年生の考えはどうなのでしょう?

優先されるのは現役の想いが1番で、次は実情を正確に理解できているであろう3年生の考えだと思います。

一OBとして私は存続し続けて欲しいと強く願っています。
しかし我々OBは、どのような結果になっても受け入れなくてはならないと思います。
幸いなことに我々は現役時代の2年半を精一杯やりきることができた訳ですから文句を言ったらいけません、バチが当たります。


最後になりますが、前回“兼部”について若干否定的なニュアンスで書き込みをしましたが撤回します。
当代や在校生OBが良しとするなら100%支持します。

以上
 

檄2

 投稿者:昭和62年度無期限自粛中のOB  投稿日:2020年10月 1日(木)23時47分39秒 flh3-119-240-40-231.tky.mesh.ad.jp
  「62年度空は晴れたり」殿
さすが同期、1%の反論、面白い。
共感を得られて、心強く存じます。
(本当は、もっと反論、あるんじゃないのぉ~)
益々会いたくなりました。

ただ、我々が述べていることが全てではありません。
現状を正確に把握しているOBは極僅かで、
私も、62年度空は晴れたり殿も、一部のOBからの情報で述べているに過ぎず、
それこそ一部の情報で物事を判断することは危険です。

いずれにしても、
皆様の全ての言動が愛校心からくるものであり、應援團を愛するが故に、
各々が為すべきことを為していることと存じます。

故にこれだけは申し上げておきます。

現状は、特定の誰かの責任ではありません。
松高應援團現役OB全員の責任であります。(連帯責任)
(「連帯責任」は「無責任」と仰る方もいらっしゃいますが、私はそうは思いません)
特定の人物や歴代を責めたところで、何の解決にもなりません。
その者、歴代がその時々に最善を尽くしてきた結果であります。
我々にとって大事なのは、結果よりも過程であります。
過程において最善を尽くせば、その結果はどんなものであっても受け入れられるはずであります。
結果が良くても過程がいい加減では、それは中身のない安っぽい結果であり心から受け入れられるものではありません。
様々な相違があったとしても、我々は同じ旗の下に集った、松高を誰よりも愛する仲間です。
現在、現役やOBが取り組んでいることを肯定も否定もしません。
意見のぶつかり合いは大いに結構です。
しかし、相違により仲違いしたり分裂したりするようなことがあってはなりません。
『歩み寄り』が大切であります。
袂を分かつことの無いよう切に希望します。


我々は、究極の自己満足集団かもしれません。
でも自己満足を、ただの自己満足で終わらせないのが應援團であろうと存じます。
我々が、本当にただの自己満足集団であれば、誰も我々のリーダー(リード)についてこないでしょう。
我々は、選挙で選ばれた精鋭ではありません。
では何故、多くの方々が我々のリーダーについてくるのでしょうか。それは・・・(各々考えてみて下さい)
應援團は必要不可欠な存在ではない。應援團はなくても問題ない。必要ではないけども、應援團がいると有り難い、助かる。
私はそんな存在でありたい。あり続けたい。


今年の甲子園の挨拶で、選手にこんな話をされた方がいらっしゃいます。(一語一句正確ではありません)
「皆さんは、試合の後、家族や支えてくれた方々に『有難う』と言うでしょう。
では、有難うの反対の言葉は何でしょう?」
私はわかりませんでした。
そして、その方は続けます。
「『有難う』の反対は、『当たり前』です。今あなた方がそこ(グランド)に立てるのは当たり前ではなく、
多くの方々の支えのお陰であることを忘れてはいけません」
心に沁みるご挨拶でした。


毎日ではありませんが、以下のページを日頃拝見しております。(一部)
ご参考まで。(順不同)
https://6012.teacup.com/obkaiurako/bbs
https://6214.teacup.com/matsuyama/bbs
https://twitter.com/matsukoouendan?s=06
http://blog.livedoor.jp/matsuouenob2016/
https://twitter.com/rokko_ouen
https://matsuyama-h.spec.ed.jp/
https://twitter.com/kawako_ouen
https://twitter.com/urakoouendan
https://twitter.com/kuma_endan
https://twitter.com/kasuko_oenshido
https://twitter.com/fudonotoushi
http://www.matsuko-oendan.com/
忙しいとは存じますが、OB会のホームページ(トップページ)を更新して戴きたく存じます。
1年以上過去の情報が最新情報では、恥ずかしい・・・
発信する情報がなければ、無理して最新情報を載せなくても構わないのではないでしょうか。

無期限自粛中と言いながら、一方的に言いたいことばかり述べ、申し訳ございません。
末筆ながら、お忙しい中、様々な対応に追われる事務局の方々、そのサポートをされるOB各位に、
厚く御礼申し上げます。
 

同感です

 投稿者:62年度 空は晴れたり  投稿日:2020年 9月28日(月)23時46分14秒 ft220148155022.hctv.ne.jp
  昭和62年度無期限自粛中のOB 鈴木殿、貴殿のコメントをじっくり読ませていただきました。相変わらず熱いですね!だが嫌いじゃない。

99%は同感です。で、残りの1%ですが
「練習の終わった後や、野球応援の終わった後、OBから一言二言感想を頂いたが、為になる話もあれば、為にならない話もある。」の部分ですが、「為になる話もあれば…」について思い返してみましたが、残念ながらそのような記憶一切ありません。正直うっとおしかったかな、褒めてくれないし。

鈴木殿の話す通り現役が求めてきた時にのみ手を指し伸ばせばいいと私も思います。
求められれば皆さんそれぞれができることをできる範囲でやればいいのではないかと思う。
OB会はその取りまとめをするだけの立ち位置でいいのではないでしょうか?

鈴木殿も触れられていますが、求めてきやすい環境づくり。それはとても重要だと思います。
遠慮は無用であることをOB会のそれなりの立場のかたが現団長に伝えてください。
自分には僅かばかりの金銭的なサポートしかできそうになく、心苦しく思います。


兼部ですか?
存続を重視しすぎて理念が置き去りになってしまわないかとても心配です。
 

オンライン松高祭

 投稿者:事務局  投稿日:2020年 9月23日(水)21時37分39秒 i118-19-43-23.s41.a011.ap.plala.or.jp
  本日23日から30日までオンラインでの松高祭が開催されています。
演技披露 紫薫の集いも配信されていますので、ご覧になっていただければ幸いです。
*演目は例年の演技披露に比べますと相当絞られているようですがご容赦ください。
 

 投稿者:昭和62年度無期限自粛中のOB  投稿日:2020年 9月20日(日)00時57分13秒 flh3-220-144-108-13.tky.mesh.ad.jp
  公式のあらゆる松高應援團のページが更新されない中、この書き込みはどれだけの方々の目に触れることになるのだろうか。

私は、「昭和62年度卒無期限自粛中のOB」鈴木健です。
私は明治大学應援團のOBでもあります。
明治大学應援團は、2007年の不祥事によりリーダー部は翌2008年廃部になりました。
不祥事の責任の一端はOBである私にもあり、無期限自粛とし、直接現役との接触は距離を置いてきました。
松高應援團のOBとして、松高應援團及びOB会が明大應援團のような誤った道を歩まないよう、
批判覚悟で一OBとして今思うことを綴ります。
現役もOBも、一人一人が今一度原点回帰し、よく考えて戴きたく存じます。

以下、一OBによる私見であり、これが答えではないし、正解とは限りません。

複数のOBから現役指導を依頼されましたが、
私が明大應援團OBである以上、良い影響も悪い影響も与えることは自分自身理解しています。
私が指導をすれば、現役にとっては私の理想とする應援團像の押しつけになってしまう可能性が高いと存じます。
私が口を開けば、それが答えのような風潮(鶴の一声)は望みません。
ただ、現状を打破する起爆剤の一つになれば、と存じます。

現在、現役は3年生が引退し、2年生團長ただ一人、1年生は不在です。
コロナ禍、いろいろ制限があるようで、思うような活動が出来ないようです。

我が松高應援團は、かつて10年間の休部後、
浦高から赴任した井上浩恩師の声かけに応じた齋藤雅男先輩をはじめとする有志の先輩方によって應援團は復活を遂げました。
詳しい経緯は実は知りません。
何もないところから生まれ、いろいろな変遷を経て、ここまで続いてきました。
今や校内に留まらず、東松山市や埼玉県の催しにも活動の場を広げています。

現状に様々な意見があることは承知している。
我々の目指すところに完成形は存在しないのだ。
常により良い応援を追及するのだ。
應援團とは何ぞや、自問自答しながら、皆今の生活しているのではなかろうか。
應援團は頼まれてやるものじゃない。
でも應援團に入る動機なんて様々で、不純であってもいい。
それは、入團して3年間を通して培うものだ。(それって・・・)

今、一人の現役の團長へ
今、君は應援團が復活して以降、初めての苦難に直面している。
この苦難は君の責任ではない、君だけの責任ではないのだが、
君の責任においてこの苦難を乗り越えなければならない。
もしやろうとしていることがあるなら、それを思いっきり一生懸命やればいい。
もし、悩んでいるなら、悩まないで考えよう。
考えても埒が明かないなら、その時は遠慮なく相談しよう。
学校のことなら先生に、應援團のことならOBに。

コロナ禍、應援團に対しどのような規制をされているのか(大声を出すなとか)わからないので、一案を申し上げる。
私は團旗が屋上で翻っているのを見て、それに魅了され自ら應援團に入團した。
(一部のOBには既知の事実ですが、実はもう一つ不純な動機もあるのですが・・・それはさておき)
もし、團旗を揚げることが学校から禁止されていないのであれば(禁止されているとしたら、何故か意味不明)、
登下校時、校門(松高の敷地内)にて團旗を揚げたら如何でしょうか。
それは新入部員の勧誘の意味もあるが、松高生の士気高揚の意味もある。
一人じゃ揚げられないかな?
もしそう考えるのなら、君は頭がカタイ!
團旗は「命」だから粗末に扱ってはいけない、大切に扱わなければならないが、
粗末に扱わなければいい、大切に扱えばいい、という事である。
(そもそも何故團旗が「命」なのか、「命」と言われるのか、理解しているだろうか)
一人で揚げる方法を考えればいい。
ゴザや新聞紙を敷いて團旗を組んで、離した二つの折り畳み椅子に座布団を敷いてそこへ橋渡しするように置いて、
團旗礼をしたスタンスから團旗を揚げるのだ。
團旗を降下する(降ろす)時には、はためいていないのであれば、椅子に向かってそのまま降下。
はためいているのであれば、ポール自体に團旗を巻き付けるように自身が何度かその場で回転し、
ある程度巻きついたところで、椅子に向かって降下。
実際にやったことはないので、成功するかはわかりませんが、失敗したら頭を丸めればいい。(その必要もないと思うが)
人員がいなければ、いないなりのことをすればいい。いれば、いるなりのことをすればいい。
應援團にはレギュラーもなければ補欠もない。全員がレギュラーであり、定員はない。
松高應援團は、運動部に所属しているが、実は運動部でもなければ文化部でもない、と思っている。
賞もなければ優劣もない。

今、一番大事なこと
それは應援團の存続だろうか。新入部員の確保だろうか。
コロナ禍意気消沈した松高の士気を如何に高めるか。
それを考えて行動するのが應援團だ。
それが出来れば、存続することも出来るのではなかろうか。
今出来ることを一生懸命やる。今出来ないことは、出来るように一生懸命やる。
應援團は、諦めてはならない。

OB会とは
引退したら有無を言わさず自動的に入る組織
現役を指導する立場ではない。
他の部と違い、監督やコーチをおく組織ではない。
OB会会員同士の友好を高め合い、卒業しても更に愛校心を深める組織
組織故に一つになろうとしても、各々考え方があり、どれも間違いではないし、正解でもない。正解はない。
現役に対してはいわゆる相談役であり、積極的に影響を与える存在であってはならない。
高校生の力ではどうにもならない事象(例えば金銭的な問題、対外トラブル等)においてサポートする存在である。

そして、OB会には『現役が松高生として、人間として、間違った道を歩まないよう見守る責任がある。』

現役主義が基本であり、現役を困らせたり、惑わせたりすることがあってはならない。
一時の感情や思い付きで物事を判断したり現役を指導することは、厳に慎むべきである。
現役を戸惑わせ、現役の為にならない。
多くのいらないしがらみや束縛から現役を解き放たなければ、應援團に将来はない。
本当に残さなければならない良き「伝統」とは、目に見えないところにある。
現役が望む力添えをする存在でなければならない。
現役あってのOB会
OBが現役の前に立って先行したり、前に立ちはだかったりしてはならない。
存続するも消滅するも現役次第
現役がどうしたいのかが、第一である
何をやろうと決めても、最終的に実行していくのは、現役なのだから。
一部のOBは「それはOBとして無責任」「OBは何もしてくれない」というかもしれない。
その通り、OBは無責任だし、自らは何もしてくれない。
毎日現役と接し指導することは不可能だし、それこそ無責任な指導は出来ない。
頼まれれば何でも協力するし、助言もする。
OBという存在は、それで充分ではないか。
私が現役の時、OBとはそんな存在だったし、OBに何かしてもらおう(手伝ってもらおう)と思ったことは一度もない。
練習の終わった後や、野球応援の終わった後、OBから一言二言感想を頂いたが、為になる話もあれば、為にならない話もある。
助言は求めることがあっても、それを自分達で解釈し、最終的には自分達で判断し行動する。当たり前のことである。
自分達が現役時代に成し得なかったことを現役に託すことは構わないが、それが押し付けになってはならない。
OBは、自分の理想とする應援團を現役に押し付けてはならない。
OBは皆、各々の現役時代が最高だと思っている。
それは、各々が自分の青春をかけその時代に自分の全てをかけて一生懸命だったからだ。
だから、自分の理想、自分の時代が最高だと思っている。
それは構わないのだが、同じものを現役に求めてはならない。
何故ならそれは最高ではないからだ。
その時代時代に各々が最善を尽くした。それだけであり、それが一番大事である。
つまり最善を尽くすこと。信じたことを一生懸命やること。
我々には最高もなければ最低もない。勝敗もなければ、賞もない、優劣はないのだ。
それは、松高だけではない、全ての應援團がそうだ。
誰もが自分達の應援團が「日本一」だと思っている。
それが應援團だ。そうでなければ應援團ではない。
我々にとって、比較することは全く意味をなさない。
自身の心の問題である。

兼部には、反対しない。
兼部してでもやりたい者がいれば、やればいいし、受け入れればいい。
しかし、存続の為に他の部に兼部を依頼するのは、違うと思う。
應援團が存続の為に他の部にお願いするという事は、それは既に應援團は存在意義を失ったことを意味する。
應援團が欠員が出たから他の部に兼部を頼む、他の部にしてみれば迷惑千万、應援團らしからぬ行動だ。
助ける存在が助けられる存在になってしまっては、本末転倒であろう。
つまり應援團は必要ではないという事だ。
もともと應援團は必要不可欠な存在ではないのだから。
必要性があれば必然と生まれてくるであろうし、なければ自然消滅していくであろう。
OBの力で無理やり存続させても、それこそ無理がある。
今、松高に應援團が必要であれば、OBが動かなくても存続するであろうし、
必要でなければ、消滅するのみである。
諦めろというのではない。今更OBがジタバタしても始まらない。
現役がやることをやれば、必然的に結果は出る。
それが存続であろうが、消滅であろうが、我々OBはそれを受け入れるしかないのだ。
復活も存続も消滅も現役次第。
現役が一生懸命やった結果であれば、誰も責めることは出来ない。
問題は、最善を尽くしたのか、一生懸命やったかどうかだ。

現役も、OBも、今我々は全てにおいて、最善を尽くしているのか、一生懸命やっているのか。
 

(無題)

 投稿者:T  投稿日:2020年 7月30日(木)00時29分16秒 p2194253-ipngn9702souka.saitama.ocn.ne.jp
  あの夏の雨の西武球場の埼玉栄戦で最高潮に達した思い出  

現役諸君&「62年度卒空は晴れたり」殿

 投稿者:昭和62年度無期限自粛中のOB  投稿日:2020年 7月 6日(月)18時33分16秒 FL1-125-197-140-67.stm.mesh.ad.jp
  まずは、久々の書き込みを拝見し、しかも同期として嬉しく思います。
同感です。ビールを飲みながらではありませんが・・・
最近はこのOB会のホームページも更新されることなく、
私はあまり利用しないのですが、ツイッターやブログの方が活発のようです。
https://twitter.com/matsukoouendan?s=06
http://blog.livedoor.jp/matsuouenob2016/
それでも、コロナウイルスの影響で様々な制限がある中、
なかなか思い通りの行動が出来ない状況を危惧しております。
更新するこれといった記事がないのかもしれません。
制限の中でも、何かしら出来ることがあるはず。
今、出来ることを一所懸命やる。
いや、もしかしたら、既に現役諸君はそれに取り組んでいるのかもしれません。
だとしたら、我等が後輩は非常に頼もしく思います。

これから各部・学校・団体がどのような対応をするのか、しないのか。
その動向を見て、扨(さ)て應援團は何をどうすべきなのかを考えることが大切だ。
これを機に應援形式も変わっていくのかもしれない。
今迄にはない應援を創造してくことが應援團の存在意義である。

今までと違う應援…
常に『團旗を上げ(團旗の下に集い)』『一ヵ所に』『大勢仲間が集い』『太鼓を叩き』『大声を上げ』『手拍子をし』『スクラムを組み』『リーダーがいてサブ(バック)がいる』應援が出来るわけではない、ということである。
それが一時的な対応になるのか、恒久的な対応になるのか、現時点では定かではないが、いずれにしても状況に応じて臨機応変に(私が一番苦手とすること)対応していかなければならない。
應援には基本的な『型』が存在するが、目に見える『型』は所詮誰かが考えたもので、代々いろいろ手を加えて変化するものである。
大切なのは、変わらないのは、目に見えないところ『心』にある。
『心』さえあれば、何でも出来るのが應援團だ。
状況に応じて應援の方法や型、或いは活動自体を柔軟に変化させる勇気が必要である。
『常に新しい應援を創造・追求する』それが應援團の面白いところであり、醍醐味である。
今こうしてどんな應援活動をするか考えるだけでも、ワクワクしてくる。

62年度卒空は晴れたり殿もそう思うだろ?
我々の時代は過渡期で、春高に追い付け追い越せ、大學應援團に憧れて、いろいろと試していた時期だったから、大変だったが楽しかったなぁ。
面白かった。

團則を今一度心に刻もう
責任 明朗 團結 礼儀 節度

うまいことをいう人がいます。
「出来ない理由を考えるより、出来る方法を考えよ」

限られた環境の中で何が出来るのか今一度よく考えて欲しい。
『今までにない思いをした松高3年生全てに、誇り・自信を持たせたい』
『後輩達には、先輩の思いを心に刻み、その意志を引き継いでいって欲しい』
今、應援團は何が出来るのか。母校の為に、仲間の為に、自分自身の為に。
今は地域の為にも頑張っている。凄い。

無期限自粛中に長文乱筆乱文、大変失礼致しました。
何かしらのヒントになれば・・・
OBは皆、現役諸君の味方です。

田嶋へ
申し訳ない、了承なく書き込んでしまいました。

62年度卒空は晴れたり殿、今度は必ず会おうぞ!
 

レンタル掲示板
/67