投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


練習試合 (鶴ヶ島栄戦)

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 6月 4日(月)17時53分0秒
返信・引用 編集済
  6月3日(日)晴れ。最近のハヤブサの不甲斐なさにより、ヘッドコーチ不在での練習が続いていて、今日もヒナの練習にハヤブサがお邪魔させてもらう練習予定が、急遽(…でもないようですが)前回スポ少で2点差で負けてしまった、鶴ヶ島栄さんとの練習試合が組まれ、ホームの霞小で一日お相手いただきました。前日が運動会だったとのこと、お疲れのところ誠に恐縮です。

指導者からの予定では、午前中 合同練習とフレッシュとミクロの試合。お昼を挟んで午後ハヤブサも試合をさせてもらえるということでしたが、予定変更、午前にハヤブサ1試合。フレッシュ1試合。ミクロは先方が人数がいないので、混合のほぼエルフ対エルフ。
お昼は、ブルーシートを広げて、仲良く一緒にランチタイム。栄さんのベビースターらーめん?に物欲しげなエルフっ娘。はいはい、次回取り入れてあげるからね。今回は我慢(笑)。ほとんどの子が利き手と逆の左で食べるエルフをみて、栄っ娘がびっくりしてたけど…、逆手を鍛えてても左が弱いんだよね~(泣)。
午後から、リバーシブルにばっちり着替えてハヤブサ2試合。フレッシュ1試合。ミクロ試合。

ルーズボールもみんなで追いかけ、相手ボールはチャンスがあれば奪い、ボールをもったら自分でリングを狙いにいく、緊張のフリースローも決める ミクロの子をみて、ハヤブサは何か感じるものはなかったかな?自分達はそんな基本ができてるかな?

今回 練習なので、自分達の試合も自分達でTO。いつものTOに入るメンバーが試合にでているときは慣れない子がTOに。スコア記入もなしのため、個人ファウルがカウントできない。ハヤブサで5ファウルだしても試合にで続ける子がいれば、相手のチームファウルが4ファウルでもコールをしなかったため5、6とファウルが加算してもフリースローがもらえないことも。試合が進んでもタイマーが止まったままだったり、逆に止める場面でも動いていたり…。挙げ句に得点が入っても加算しなかったり。…ほんと、申し訳ありません。m(_ _)m
今回 得点板にヒナの子が入ってくれたので、TO席やら、得点板やら、見学(応援)の子やら、応援席の保護者やら…あちこちに気がいってしまい、試合内容がほぼ頭に入ってこなかったので(泣)詳細報告ができず申し訳ありません。

得点内容は…。
1試合目 1P 8ー17 負け、2P 22ー19 勝ち、3P 34ー31 勝ち、4P 46ー41 勝ち
2試合目 1P 5ー13 負け、2P 13ー21 負け、3P 21ー35 負け、4P 28ー52 負け
3試合目 1P 6ー16 負け、2P 22ー32 負け、3P 29ー50 負け、4P 40ー58 負け

本日の試合結果は…。
第1試合 46対41 勝ち
第2試合 28対52 負け
第3試合 40対58 負け

フレッシュ(4対4・2Q)
1試合目 10対21 負け
2試合目  6対24 負け

ミクロは混合といえ、ほぼエルフ対エルフなので得点報告は省略させていただきます。

う~ん、1勝できたのは良かったのですが、前回のスポ少の方が接戦で負けたとはいえ、試合内容が良かったと感じたのは私だけでしょうか?「Sコーチに戻ってきてほしいから絶対に勝つ」宣言は良かったのですが、指導者は今回の内容をどう思ったでしょうか?

本日お相手をいただいた鶴ヶ島栄さん、御足労いただきありがとうございました。いろいろと行き届かないところもあり申し訳ありませんでした。これに懲りずまた対戦いただけると光栄です。朝から帯同いただいたMコーチ、Iコーチ、A監督、途中から参加いただいたSコーチ、Nコーチ、OGのゆ〇ちゃん暑いなか、審判で走っていただきありがとうございました。ヒナの保護者の皆さん、会場準備、片付け等お手伝いありがとうございます。子供の分だけでなく自分達のお弁当も持参 流石です。ハヤブサ保護者の皆さん、朝から一日帯同 お疲れさまでした。
家庭事情で最後までいられず申し訳ありませんでした。試合後の居残り練習 どうでしたか?
子供たちも今日一日で感じたこと、考えたこと等あったと思います。良かったことは何か?できなかったことは何か?気づくことが明日に繋がると思います。厳しい言葉はぐっと飲み込んで、応援サポート頑張りましょう。練習内容は指導者にお任せで(笑)。 d(^o^)
 

仲間って…。

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 5月27日(日)21時02分54秒
返信・引用
  すみません。連投です。この場をお借りして、歴代エルフOGの方々のお知恵を拝借したく投稿しました。

2018がスタートして、試合報告の中で何回もふれていることなのですが、コーチに繰返し言われ続けている5つの常にやるべきこと、「声をだす」「走るのをやめない」「考えるのをやめない」「諦めない」「切り替え」とチームメイト、仲間との信頼関係、絆、思いやり等が何回も何回も、本当に練習のたびに言われても忘れてしまうのか継続できないのです。

例えば、昨日の延長練習でのフリースロー。
4本連続決めるまでエンドレス。決まった子から抜けていく。最後に残ったひとりがみんなに見守られる中で打ち続ける。緊張と焦りと悔しさと疲れなどが重なり、何十本と打ち続けてもどうしても4本連続が決まらず最後はタイムオーバー。悔し涙を流す仲間に、見守る子たちは何を思っていたのか?

今日の練習試合でも、ベンチが試合馴れしていない子たちだったとはいえ、頑張っている仲間に対しての声かけがない。どうして?

午後からの延長練習でも、奇しくも昨日と同じくフリースロー。半分は昨日学校行事でその場にいなかったメンバー。2本連続決めるまでエンドレス。昨日と違ったのは、失敗したら一往復。最後に残ったひとりが打つが決まらず走る。最初は「頑張れー」の声だけ。そのうち一緒に走り出す子が数名。疲れている仲間にサポートする子。アドバイスする子。悔し涙をながしながらも打ち続ける仲間を見守りながらも、何故か半分はその場を動かず走るのを見送る。それは何故?走る必要はないと思ったから?いや、確かにノルマをクリアした子は走る必要はないけど、それで良いの?ひとり残ってしまった焦り、注目されている緊張、何本も打ち続け走り続けた疲れ、入らない悔しさのなか、それでも最後まで投げ出さず諦めず打ち続ける仲間の気持ちは考えている?
練習中のことなのに、見ていて堪らなくなった親が、走らない我が子に「なんで一緒に走らないの?」と声にだすと、やっと気がついたのか全員で走り出す。最後は2本連続決まり、みんなで悦びを分かち合ってたけど…。

これで良かったのでしょうか?自分たちで気がつかなければいけなかったのではないでしょうか?声にだして促してしまった、走るのを強要した親たちがいけなかったのでしょうか?

考え方はひとそれぞれ。
でも、今日たまたま最後に残ったのが自分じゃなかったというだけ。次は自分かもしれないんだよ。そのとき、自分ならどうしてほしい?応援の声も要らない?一緒に走らないでひとりにしてほしい?

状況はいろいろですが、いつまでも同じようなことを繰返すこの子たちにどのようにサポートアドバイスしていけば良いでしょうか?
いま、ヘッドコーチからも匙を投げられています。
エルフ経験者のOGの皆様、2018の保護者に良いアドバイスいただけないでしょうか?自分たちの時はこうだったよ、そんなことはなかったけどこうした方がいいよ等、貴重なご意見心よりお待ちしております。宜しくお願い致します。



 

練習試合

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 5月27日(日)14時30分49秒
返信・引用
  5月27日(日)晴れ。
先週の練習中にコーチと約束した5つ「声をだす」「走るのをやめない」「考えるのをやめない」「諦めない」「切り替え」ができず、練習中止になってしまってから初めて迎えた日曜日。急遽、狭山スターズさんとの練習試合が組まれ、ホームの霞で(体育館使用都合で)11時までと時間は短いですが、対戦して参りました。

狭山スターズさんといえば、第1印象がNISHでの白鳥の仮装(笑)と言えば、「あ~」とわかる方が多いのでは?2017では一度練習試合で対戦いただいてました。今年は6年生が少ないとかで、少しは期待した親心に反して、朝の娘との会話。
「今日は得点板も用意してね」
『なら100点越えの方にしようかな?』
「凄い、やる気満々だね」
『違うよ。スターズさんが100点越えだよ』
…(((^_^;) ダメじゃん。

名物?の す〇さんもいらっしゃいました。今日はスワンは付いてないんですね(笑)。審判もかってでてくださり、試合開始直後から「喉が渇いたなあ~」と飲み物を要求。席を立つ保護者がいれば「俺、サンドイッチとおにぎりね」残念ながらお昼は挟みません。それに即座に反応する保護者の皆様、流石です。(笑)

余談はさておき、背の高い6年生が3人で他は小さな下級生。違っていたらすみません。平均身長と年齢なら負けていないはず。今日はコーチと約束したことができるかな。
練習試合とはいえ交流戦のようなものだったので、リバーシブルもなしのビブス着用。スコア記入もなし。両チームとも人数が少ないため、TOも途中からスターズの保護者の方が入ってくださいました。申し訳ありません。エルフ保護者はできません。m(_ _)m
なので、チームのファウルカウントはできるものの、個人ファウルがわからない。実はエルフに5ファウル退場の子がいました。コールがなかったので本人知っててか知らずかしらっと出続けていました。(汗)

試合結果は…。

第1試合 1P 4ー12 負け、2P 20ー14 勝ち、3P 30ー24 勝ち、4P 32ー35 負け

第2試合 1P 4ー9 負け、2P 21ー20 勝ち、3P 25ー31 負け、4P 29ー37 負け

フレッシュ戦 ①12ー0 勝ち、②6ー1 勝ち、③4ー0 勝ち

このフレッシュの子たちが、どんな練習をしてあんなに強くなっていくのか日々の練習内容を教えていただきたいです。

本日は、いたらない対応で申し訳ありませんでした。これに懲りず次回もぜひお相手いただけたらと思います。ご近所ですので、お声かけいただければ、いつでも伺います。
本日は ありがとうございました。




 

スポ少 はんしんCUP西部地区予選

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 5月13日(日)23時06分40秒
返信・引用
  5月13日(日)、ハヤブサ14名は所沢並木小で行われたスポ少予選に参加して参りました。
対戦チームは、西部地区1位の所沢ライオンズさん、以前対戦したこともある狭山ラビッツさん、こちらは初対戦の鶴ヶ島栄さん。4チームのため、予選は一日で終了。3勝は無理でも、2勝しないと上に進めない厳しい状況。1勝ずつなら得失点差?
声にしなくても、勝ち自体難しいだろう、でも勝ち負けより挑戦との思いの保護者たち。

第1試合は、初の鶴ヶ島栄さん。情報も試合観戦もできずに対戦。パッと見は、背がずば抜けて高い子もいないし、小さい学年の子もいる11人のチーム。でも、動きが違う。1Pで1分もたたないうちから立て続けにファウルを取られる。残り2分 5ファウルで、まさかの た〇が退場。メンバーチェンジ。でも他3人も3ファウルと2ファウル。接戦ながら16ー17 負け。帯同した指導者もたまらずベンチ後ろから声かけ。それが指導?アドバイス?ととられ まさかの初のテクニカルファウル?注意で済みました(汗)。2Pでも、ファウル続出!チーム5ファウルでフリースローを与えるも、32ー23と勝ち。ハーフタイム1分以上前に登録を済ませコートに立つ両チーム。まだ早いと審判に戻される場面も。3Pでもファウルを取られながらも 40ー37と勝ち。ただメンバーみんなファウルが加算して個人ファウル5まで目前に。このまま勝ちで逃げたい4P。でもファウルも加算し、追い込まれ、残り2分でタイムアウト。あけて1分もたたないうちに48ー48の同点に。お互い譲らず50ー50。残り30秒で相手にフリースローを与えてしまい、それが決まって50ー52に。取り返せず終了の合図。

第2試合は、狭山ラビッツ戦。この試合も相手のディフェンスに苦しめられ、果敢に攻めるも30秒オーバータイムなどシュートに結びつかず、お互いファウル続出。1Pで点をゆるしてもらえず0ー18 負け。2Pも厳しいディフェンスにボールがだせず5秒オーバータイム。引き離そうと動き回るが0ー46。前半終了にベンチからはため息が…。3Pでも気持ちが空回りしてしまい、ファウル続出。3分残して、た〇が退場。1本返すも、2ー66。4Pでも次々にファウルを取られ2分残して相手側が3人もメンバーチェンジ。終わってみれば 8ー82。

第3試合は 王者 所沢ライオンズ戦。1Pから全てにスキを見せないで0ー26。2Pでも点をゆるしてもらえず0ー68。圧倒的な強さにSコーチも顔を抑え天を仰ぐ。ハーフタイムでは、いてもたってもいられない み〇がコーチに許可をとり、この日初めてシュート練習を。かけ声さえ弱々しい。3Pでやっとシュートを決め 7ー82。4Pでも手を抜かない攻守に11ー88。

試合結果は、

第1試合 鶴ヶ島栄戦
50対52 負け

第2試合 狭山ラビッツ戦
8対82 負け

第3試合 所沢ライオンズ戦
11第88 負け

3戦3敗と勝ち進むことができませんでした。

何がこんなに違うんでしょう?気持ち?みんなは悔しくなかった?大差がつくと諦めてなかった?声は出し続けた?走るのをやめてなかった?考えるのをやめてなかった?辛い仲間を助けてあげた?
反省点は山ほどあると思います。でも、いつもよりファウルがこんなに多かったのは審判が厳しかったのではなく、みんながこのボールを止めたい、守りたいという気持ちがでてたからなのでは?と思ってます。100点ゲームをするチーム相手に取れた点は少なくても、80点台に抑えられたのは、相手がメンバーをさげてきたからでなく、みんなが頑張ったからだと思ってます。まだまだ足りないところが多いけど、一人一人日々成長しています。成長のスピードは遅いけど、大丈夫!目標を見失わなければ必ずゴールにたどり着くから。父、母たちはいつだってみんなを応援してるよ!頑張れ?

本日お相手いただいた鶴ヶ島栄さん、狭山ラビッツさん、ありがとうございました。朝早くから会場準備、お気遣いいただきました所沢ライオンズさん、ありがとうございました。
また、朝から帯同いただいたSコーチ、Iコーチ、ありがとうございました。Nコーチの最後の御言葉 保護者一同胸に沁みました。
保護者の皆さん、朝早くから長時間の帯同、応援サポートお疲れさまでした。
OGの皆様の応援、ありがとうございました。

今回勝ち進むことはできませんでしたが、次回は より成長した姿を見せてくれると信じています。

 

川越市民体育祭に参加して

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 5月13日(日)21時04分31秒
返信・引用
  5月12日(土)晴れ、翌日にスポ少予選を控え 本来ならがっつり練習をしたいこの日、例年ならヒナのお楽しみである市民体育祭に、大人の事情により(笑)急遽ハヤブサも参加して参りました。練習したかった?と聞くと「こっちで良かった!」…聞いた人選ミスでしょうか?いや、自分に正直なんでしょうね。(^_^;)

事前に6年をリーダーに4つのグループに分けて開会式に。説明諸注意の後、埼玉平成高等学校チアダンス部によるアトラクションが。ミニスカートで踊りまわるお姉さん方のダンスに子供たちは釘付け。体験開始の合図に、一度集合をかけたMコーチの言葉を、聞いていなかったのか、ハイテンションで忘れてしまったのか、四方八方に散る子供たち。水筒タオルを持って計画的に回るグループあり、何も持たず身軽すぎる格好で体育館に上がるグループあり、それぞれのカラーがよくでていました。
体験種目は24種目。陸上競技場から自由広場、体育館 サブアリーナ1・2階までの広範囲。人気の体験は長蛇の列。それでも並ぶグループあり、それを横目に空いている体験からどんどん制覇するグループあり。終了の12時になっても飽きることなく回り続け平均10種類体験しました。

「午後の大東練習は13時半からね」とのMコーチの言葉で一旦解散。おなかの空いたハヤブサは、ブルーシートを広げてランチタイム。
体験中 屋台のかき氷の旗をめざとく見つけた子供たち。「かき氷食べた~い!」の声があちこちから。結局全員仲良くかき氷を食べました。味も全部で 7種類。それぞれ好みのシロップを注文。「美味しい!」とニコニコ顔。氷といえば…そうです。全員 舌がカラフルなシロップ色に変化。(笑)
みんな、午後から練習だよー。大丈夫?
楽しい時間を過ごしたためか移動で渋滞にはまり練習時間ぎりぎりに。
ただ、午後から参加のSコーチはいらしていたものの、声をあげたMコーチは不在。あれ?渋滞?事故?心配する保護者をよそに慌てることなく連絡もとる素振りもない指導陣。時間が大分過ぎたころ、「お昼寝しちゃいました~」と重役出勤でMコーチが到着するというオチが。
(^_^;)

朝早くから帯同いただいたMコーチありがとうございました。体験のお手伝いを引き受けていただいた父兄の方々、お疲れさまでした。
子供たち、練習とは違い心身ともにリフレッシュできました。

気持ちも新たに、スポ少予選頑張ってね。
 

GWのお楽しみ BBQ

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 5月 5日(土)21時18分39秒
返信・引用
  練習試合から一夜あけた本日 5月5日(土)、本来なら昨日の反省も踏まえてガッツリ一日練習になったかも?
でも、GW練習づくしで何処にもでかけられないハヤブサの子供たちに何か楽しめることをさせてあげたいと、キャプテンパパの申し出に、快く半日練習に切り替えてくれたSコーチのおかげもあり、お昼までしっかり練習した後、キャプテン家に子供たち全員で押しかけBBQをしてきました。

練習が物足りなかったのか(多分違うね?)、テンションがハイになっていたのか(こっちが正解かな?笑)、14人中8人が荷物だけ預けて炎天下の中 徒歩で移動!残りの6人は「え~、無理」「足が痛い」などと愚痴りだし、車でちゃっかり移動。まあ、体力の衰えた大人だったら歩きたくない距離なので正しい判断のできる子たちかな?(笑)
先に着いた車メンバー。後からおなかと体力を減らして来る仲間のために、先に調理開始。あらかじめキャプテン父母が下準備を済ませてくれていたので、なれない手つきで包丁を握り、野菜と肉を切って焼きそばを作る子。炊きたてのご飯を小さな手でさまざまな形のおむすびを握る子。「大きさは どれくらい?」「どのくらい作るの?」など はじめての体験に戸惑いながらもみんな楽しそうに作っていました。
大量のおむすびと焼きそば、パパたちが焼いた肉!ができあがったころ、ようやく歩きのメンバーが到着。さすがに疲れたのかおなかが空いたのか自分たちも作りたかったのか、ちょっと不機嫌な子も。まずは腹ごしらえ。子供の食欲って凄い!みるみる無くなる焼きそば、おむすび、肉。みんなおかわりの連発。

ちょっとおなかが落ち着いたところで、第2弾。手伝えなかった子たちが調理開始。焼きそばも粉末スープを風に飛ばされないように注意しながら作って、今度は肉や野菜を網で焼くのも自分たち。肉も松阪牛…ではなかったけど(笑)、豚、牛、鶏と種類も量も大量。串に刺さったウインナー、大ぶりのエビや、いろいろな野菜。火と熱気で熱い熱いと言いながらも、嬉しそうに焼いていました。

子供たちのおなかが落ちついた頃、やっとパパママたちが食事。あれ?でも肉と野菜は残っていたけど、焼きそばは?食べた記憶がないのはなぜ?あの大量の焼きそばはどこに?(笑)

子供たちがあちこちで遊び始めた頃、仕事だったママたちが合流。お疲れのママたちのために、第3弾。焼きそばと、肉の追加!ここでも遊んでいたはずの子供も再び参戦。差し入れのアイス、デザートの莓、葡萄もあっというまになくなり、焼きとうもろこしもでてきて、子供たちのテンションがピークに!あんなに食べていたはずなのに、差し入れのお菓子にも手をだし、次々と空の袋が…。みんなどれだけ食べるの?

結局 用意してくれていた 大量のご飯、焼きそば、肉を食べつくし、残ったのは野菜だけ。もっと野菜も食べようね~。(笑)

急なイベントだったのに、メンバー全員が参加でき、みんなで楽しく食べて遊ぶことができました。自分たちで作って食べるという貴重な経験もでき心身ともにリフレッシュできたのでは?それでも遊び足りなくて、帰りたくないと言い出す子が何人も。いや、さすがにもう暗くなるからお開きね。最後に全員で、お世話になったキャプテン父母にお礼のご挨拶。はい、よくできました。また明日からの練習頑張ろうね。

長時間、大人数で押しかけてしまったのに、嫌な顔ひとつしないで笑顔で対応してくれたパパさん、ママさん。ほんっとありがとうございました。子供たちみんな笑顔いっぱいになりました。また、宜しくお願いしま~す。(^-^)v
 

リベルタ練習試合②

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 5月 4日(金)23時49分19秒
返信・引用
  GWの真っ最中の5月4日(木)、本日ハヤブサ14名は、4月月30日(月)に引き続き、リベルタさんのホーム入間藤沢小で行われた練習試合に参加してまいりました。
さすが西部地区トップクラスのリベルタさん。東京、千葉、群馬など他県から強豪チームが参加していました。

勝ち負けではなく(勝とうなんて烏滸がましいですね)、普段練習していることをどれだけ実践できるか、挑戦できるかを他チームの胸をお借りして挑んで参りました。
出発前に、Iコーチから「得失点39点におさえること」と目標をだされました。前回リベルタさんに負けたのはなぜか?自分たちとどこが違うのか?どうしたら勝てるのか?を子供たち自身に意見をださせ、みんなで共有し、常々言われている 声をだす、足をとめない、考えることをやめないを忘れずに練習も頑張ってきました。

第1試合 リベルタ戦。前回会場到着から試合までの時間が短くアップもままならず身体もほぐれず動けなかった経験を踏まえて、今回10分程早く出発。ただ前回と違う5人で挑んだ1P目。気持ちがから回るのかファウルをとられるも相手をおさえ2ー12負け。2P目はディフェンスのあたりもきつく、エンドからのボールだしがだせず5秒オーバータイムをとられたり、あわてて4人で貰いにいきコートが狭くなり、ボールをカットされ奪われシュートされの悪循環が続き2ー32と引き離される。3Pでも焦りからかファウルをだし得点に結びつかず4ー44。4Pでもディフェンスを頑張ったもののファウルもとられ、なかなかボールを運ばせてもらえず8ー58。

第2試合 東川口戦。エルフより20センチは背が高い選手が2名。身長差だけでなくスピードも違う。1Pから得点を許してもらえず応援のベンチからもため息しかでない0ー22。2Pではフリースローも2本決めたが、サイドからのボールだしにパスをもらった あ〇が自ゴールにシュートを打ってしまったり(外れてホッ)、そ〇あがディフェンスであたりにいった相手がボールを抱えてしゃがんでしまったため危うく相手に肩車しそうになったりとベンチの気持ちも少し和み6ー30。3PではTOが得点の入れ換えを忘れスタート。相手が2シュート決めても、そのままエルフ得点が加算されたり、ノーマークでドリブルしてたのになぜか転んでボールがコロコロとルーズになってしまったりの笑いの要素はあったものの、基本ディフェンスのあたりがキツいので身体にあたり痛みで涙ながらにプレイを続けるメンバーが。5ファウルで、フリースローのチャンスをしっかりものにしたが9ー55。4Pでも 5ファウルで退場する選手がいても、ディフェンスが緩くなることはなく、またも5ファウル。フリースローはきちんと決めたが、ドリブルで運んでも囲まれボールを奪われ相手ボールに。14ー65。終わってみたら背の高い選手2人に合計50点決められた残念な結果に。

第3試合 金子パイレーツ戦。こちらもディフェンスがキツく、ボールだしからパスがつながらない、ダブルチームで囲まれる、パスが通らない、ドリブルもすぐにカットされ、1P 4ー18、2P 4ー40、3P 4ー51、4P 6ー72と大差で負け。ほんと心身ともに打ちのめされ、声もだんだん小さくなっていました。

本日の試合結果は…。

第1試合 リベルタ戦
8対58 負け
第2試合 東川口戦
14対65 負け
第3試合 金子パイレーツ戦
6対72 負け
第4試合 5年生以下フレッシュ戦
金子パイレーツ戦(2Q)
11対12 負け
リベルタ戦(2Q)
0対27 負け

全敗と、同学年ながら力の差をまじまじと見せつけられた試合ばかりでした。
リベルタさんは、すべての試合が終わり、他チームが帰ったあともシュートが決まらなかったと練習を始めていました。ここの違いでしょうか?

本日お相手いただいた 東川口さん、金子パイレーツさん、時間の都合で対戦はできませんでしたが遠方からお越しいただいた 箕郷さん、明海さん、ありがとうございました。次回また機会がありましたらお相手できましたら幸いです。
会場校のリベルタさん、朝早くからの会場準備、お気遣い等ありがとうございました。エルフ相手だと練習にもならないと思いますが、これに懲りずお声かけくださればチーム一同駆け付けますので宜しくお願いします。
また、帯同いただいたSコーチ、ヒナの合同練習後駆け付けてくださったIコーチありがとうございました。期待通りの結果がだせず申し訳ありませんでした。
朝早くからの車だし、暑いなか子供たちの応援サポート保護者の皆さん お疲れさまでした。
試合に負けても、一人一人何か得たものがあると思います。子供たちの頑張り 応援していきましょう。
 

(無題)

 投稿者:たまこ  投稿日:2018年 4月30日(月)22時15分39秒
返信・引用
  はじめましてたまこです。
よろしくお願いします(^o^)

今日は2018初の練習試合!
昨日の練習ではコーチから“友達じゃなくてバスケの仲間”という話をされたにもかかわらず、シュートが決まったのにコートの中からも外からも誰の声も聞こえず、コーチから再度“仲間”と念をおされ練習再スタート。またもやシュートが決まったのに声が聞こえず…そのまま最悪の状態で練習打ち切り…。
練習後、子供達がどうして“声を出さなくてはいけないのか、どうしたら声が出るのか”話し合い、明日の意気込みを一人一人話し迎えた今日。
朝、キャプテンの提案でみんな手首にテーピングし、意気込みを書いて試合に望みました。

試合結果は、
一試合目
VSリベルタ 9対50 負け
二試合目
VSファイターズ 42対25 勝ち
三試合目
VSリベルタ(5年以下昇格6年含む) 12対40 負け
四試合目
VSファイターズ 31対15 勝ち

 会場入りして20分位で一試合目が始まり、アップも充分では無く、みんな体が起きていなかったのかいつも練習している様に体が動かない子が多々、声もまだまだ(^^;
試合を重ねていくうちにやっと体も動くようになってきて、声も出てきたかな?
気持ちも強くなってきて、果敢にドリブル、シュート!
ディフェンスも負けないという気持ちが伝わってきました。
それぞれ練習してきたことが少し出せたかな?
スタミナ切れの子もちらほら…。
それでもみんな頑張ってたねo(^o^)o
まだまだ伸びしろいっぱい楽しみです(*^.^*)

5/4もリベルタさんで練習試合。
今日の経験を活かし、またがんばろー\(^-^)/
 

見て~

 投稿者:くまパパ  投稿日:2018年 4月14日(土)10時18分12秒
返信・引用
  「謎はすべて解けた!!」
「ロボコンの名にかけて!!」

とロボコン続きで始まりました、またもや登場川越のロボット8ちゃんことくまパパです(^^)

いやぁ懐かしいなぁ。ロボコン。
ロボット8ちゃん、ペットントン、ポワトリン、まりんぐみなどなど。。。
話しは尽きぬ。


なんて、話しはさておき、子供のお話しをちょっと。
私の話しで申し訳ありませんが、私息子がおりまして、まさに制御不能の5歳男。隙あらば走り回り、隠れ、じっとしている事がありません。そんな息子ですが、3ヶ月前からスイミングに通っていて、ニコニコ水に浸かってます。
スイミング、2階がプール3階が観覧席となっており、子供達が泳いでいる時間、親御さん達は観覧席にいます。もちろん私も。
そこで、息子を見ていると、チョイチョイ上を見て「ニコッ」バタ足をして「ニコッ」と見て来ます。そこで、上から拍手だの、親指立ててグーしたり会話の無いコミュニケーションをとってます。
見てると、うちの息子だけでない子供もチョイチョイ上を、ママをみます。
でも、ほとんどのママはおしゃべりぺちゃぺちゃ。スマホをサワサワ。

おしゃべりの合間に子供。。。
スマホの合間に子供。。。

なので、子供は上を見上げるけど、どこか寂しげ。

そうです!!
子供はいつまででも「見て!見て!」なんです。出来なかった事が出来るようになったら見て欲しいんです。

お仕事でお疲れなのかもしれません。
家事に追われてはかもしれません。
でも、今は今しかない。今の子供の成長を見るのは今しかないんです。
その今を少しでも見てあげるために、皆様体育館の中に足を運んでみませんか?

子供の成長を見れる幸せなんて、他にありませんよ。
 

(無題)

 投稿者:ダブルSの母  投稿日:2018年 4月 8日(日)22時00分53秒
返信・引用
  添付画像です。
 

/109