teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/219 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ループを使って2

 投稿者:katsuya  投稿日:2007年 4月21日(土)11時21分58秒
  通報
  2 Do….Loop
(1) Do….Loop Until
Do….Loop Untilを使って、B列に1から10までの数を入れるマクロを作ります。これは、少なくとも 1 回はループを実行した後で条件を調べる方法です。
Dim I As Integer
I = 0
Range("B1").Select
Do
ActiveCell.Offset(I, 0).Value = 1 + I …(1)
又は
Cells(I, 1).Value = 0 + I …(2)
I = I + 1 …(3)
Loop Until I > 9 …(4)
Doの前まではFor….Nextと同じです。(1)でも(2)でも同じようにできますが、(2)にした場合は、変数Iの初期値を1にする必要があります。
Do….Loopの場合、何回までということはありませんから、(3)と(4)でいつまで繰り返すかを設定しています。(3)は、1回毎に変数Iの数は増えていきます。
1回目…I=0+1なので1
2回目…I=1+1なので2 という具合になります。
(4)では、「変数Iが9より大きくなるまで繰り返す。」という意味になります。つまり、変数Iが10になると終了することになります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/219 《前のページ | 次のページ》
/219