teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ありがとうございました

 投稿者:ある  投稿日:2010年11月 6日(土)00時46分52秒
  ゆめこちゃん みなさん こんばんは~まだ書き込めるかなぁ~その2

体調はいかがですか? 過日、こちらを閉めるとお聞きしてから、本当に今まで沢山沢山お世話になったなぁと改めて感謝感謝です…

たぁたんさんの卒業からもう8年目、来年は25周年だそうで、本当にあっという間に時間が経ちましたね~

明日はたぁたんさんの3度目のM!初日~手に汗を握ってドキドキしながら観た1度目の男爵夫人(笑)“進化してる~!!”って思った2度目の男爵夫人(^_^)v そして3度目はどんな男爵夫人になっているのかなぁ~先日のかなめさんとのデュエットをネットで観ましたが、やっぱり私は癒し系のたぁたんさんの“星金”が大好きだなぁって思いました(*^_^*)

今までこちらでたぁたんさんの事を沢山沢山語らせて頂いて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

お別れはとても淋しいですが、たぁたんさんが舞台に立ち続けてくれる限り、ゆめちゃんともみなさんともきっとまたどこかでお会いできるだろうなぁと思っています(^_^)v

その時を楽しみに…またどこかでお会いしましょう(*^_^*)

今まで本当にありがとうございましたm(_ _)m
 
 

ありがとうございました

 投稿者:わこ  投稿日:2010年10月 9日(土)00時08分40秒
  ゆめこさん、皆様こんにちは。
一言お礼を言いたくて参りました(まだ書き込みできるかな?)。

今まで長い間ありがとうございました。
ここは、懐かしい時代の懐かしい思い出がいっぱい詰まった暖かい場所でした。
残念だけど、また落ち着かれたら一緒にタータンの舞台観ましょうね♪
ゆめこさん、どうぞお身体を大事にして、ゆっくりなさってくださいね。
 

ありがとうございました

 投稿者:香寿ファン  投稿日:2010年 9月30日(木)23時36分17秒
  長い間お疲れ様でした。
書かれている文章やサイトの運営などお人柄が出ていて、
香寿ファンの一人として誇らしく思っていました。
ちょっと寂しいですが、一言お礼申し上げたくてコメントさせていただきました。
ずっと楽しませていただいてありがとうございました。
お体大事になさってくださいね。
 

ありがとうございました

 投稿者:ぺんぺん草  投稿日:2010年 9月30日(木)21時47分31秒
  はじめまして。
一言お礼が言いたくて出てまいりました。

ゆめこ様そしてお集いの皆様、長い間ありがとうございました。
皆様の公演レポは香寿さんへの愛があふれていて、
またとても詳しいので拝見するのがいつも楽しみでした。
資料もきちんと残して下さっているので大変有り難かったです。
今日も「アンビシャス」とはいつの作品なのか調べさせていただきました。
最後まで本当に有難うございました。
厚く御礼申し上げます。
 

有難うございました

 投稿者:まさこ  投稿日:2010年 9月29日(水)23時06分56秒
  長い間、心よりお礼申しあげます。
こちらで色々なご報告、情報をと楽しませていただきました。
体調がお悪いとのこと、申しわけない気持ちで一杯です。お大事になさって
くださいね。

私はこのところ、なつめさん・タータンさんの山ほどあるビデオテープの編集、
DVDへの保存などしております。大変な作業なんです(笑)大切な宝物。

今後もタータンさんの舞台、全てはなかなか難しいですけれど、
折に触れ観させていただきます。

ゆめこさんには、いつかお会い出来たら?と願っておりました…
希望は今後も捨てないでいますよー

言葉足らずで至りませんが、本当にお世話になりました。
 

お知らせします

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2010年 9月21日(火)16時31分46秒
  皆様、大変ご無沙汰しています。
まだまだ暑い日々が続いていますが、お元気でしょうか?
私は、家族の介護と更年期とで少々バテています。

さて、大切なお知らせをしないといけません。
たーたんさんが宝塚を退団されてからずっとHPを運営してきましたが
このたび、9月末日をもってHPを閉じさせていただくことに
なりました。
もう少し、期間を開けて閉じたいとも考えましたが、自分の体調も
あまりよくありませんし、HPの管理も滞ってしまっていますので
これ以上放置しておくことも申し訳ないと思い今月末までの運営を
決めました。

長い間、あまり更新もできず、地方ゆえ舞台報告も皆様任せで
書き込みしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

取り急ぎお知らせいたします。
 

(無題)

 投稿者:ツッチー  投稿日:2010年 7月 4日(日)21時18分19秒
  今晩は。久しぶりの書き込みです。

愛、時を越えては今日千秋楽ですね。松竹座で花道やせりを使って華やかな舞台堪能しました。

秋も嬉しい忙しさになりますね。

さて、ゆめこさんですが、只今パソコンを操作できない環境におります。

皆様には大変ご迷惑かけて申し訳ございません。もう暫くお休みします。

と連絡ありました。
 

愛・時を越えて

 投稿者:ある  投稿日:2010年 6月22日(火)20時43分39秒
  ゆめちゃん お久しぶりです~私の方こそすっかりご無沙汰でごめんなさいm(_ _)m

私もいろんな事がバタバタしていて、送らなきゃいけないものが着々と堆積しております~(>_<)

さて、「愛・時を越えて」~都合で金曜日のマチネと日曜日のソワレ(千秋楽)という、自分的にはかなりイレギュラーな観劇をしてきました(笑)

私ったらどうも完全にたぁたんさんビューで観てたらしく…(特に楽) まぁいつもそうなんですが(笑)、今回は特にその傾向が強かったような…で、たぁたんさん演じるガラシャという人を、ひたすらガン観していたという(笑)

ガラシャ様~本当に本当にきれいでしたよ~特に今回は声…とっても澄んだ優しくてきれいな声でした(*^_^*)

ガラシャは白のイメージってOGナビで言っていましたが、実際に観てみると、確かにイメージは白だし歌声は透明なんだけど、楽を観終わった後、たぁたんさんのガラシャが内に秘めていたものは必ずしも白じゃないよなぁって気がして…白じゃないからこそひたすら白く生きようとしたガラシャかな…

ガラシャが内に秘めているのは何色だろって結構真剣に考えて、黒じゃないし灰色じゃないし、だからって色が付いてる気もしないんだけど白じゃないし…で、ふと思いついたのが、朱でも赤でもなく、もっとどす黒い紅のイメージ…ガラシャの体の中に流れている、父である明智光秀から受け継いだ謀反人の血の色…黒のイメージのドラキュラが内に秘めているのも、かつて人間だった時に体の中にあった血の紅なのかなぁ…

このお話のガラシャとドラキュラは、1人の人間の善の部分と悪の部分って感じのことを言ってたけど…ガラシャは本人は気づいていないけど、実は愛するドラキュラを連れに来た妻ガラシャの生まれ変わりなのかな…だからドラキュラに惹かれるし、ガラシャ自身も、ドラキュラを連れて逝く事が、謀反人の血を秘めた自分自身を浄化することだと無意識に感じていて、だから必死にドラキュラの為に祈るし、ドラキュラを連れて逝こうとするし、最後にはドラキュラを連れて逝くことによって自分自身を浄化できたのかなぁって…

やっぱり私はたぁたんさんのお芝居というか、舞台上でその役として生きるたぁたんさんを観るのが本当に好きなんだなぁ 特に今回の舞台に関しては、私的な舞台の中心軸は完全にガラシャだったらしく、ガラシャという人にどっぷり浸かって観てしまったんだけど~本当はもっと気楽に楽しむべき舞台だったのかも?! (笑)

男役のりかちゃんも現役さんかと思うほどの填りぶりで凄かったけど、その隣に居て違和感がないトップ娘役役のたぁたんさんも凄いなぁと(爆) まさかこんな日が来ようとはね~(笑)

なんか肝心な舞台に関する事は全然書いてない気もしますが(笑) こんな舞台もそうそう観る機会は無いと思うので、貴重なものを見せて頂いたということで(笑)
 

明日初日

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2010年 6月 3日(木)22時31分32秒
  皆様、大変ご無沙汰して申し訳なく思っています。
実は、年のせいもあるかもしれませんが、指の関節痛に悩まされ、
キーボードが思うように打てなくなってしまいました。
なかなか更新や書き込みも出来ずに管理人として申し訳なく
思っています。

さて、たーたんさんですが、次から次にお仕事の情報も入ってきています。
来週 10日には「秘密のケンミンSHOW」にゲスト出演されます。

また、明日はいよいよ「愛、時を越えて」の初日です。
初日を前にステンドグラスの点灯式があり、たーたんさんも出席
されました。
デイリーニュースに出ていましたのでご覧下さい。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2010/06/03/0003053520.shtml

 

菊田一夫演劇賞

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2010年 4月27日(火)13時06分2秒
  皆様、こんにちは。
大変ご無沙汰しています。

ゆりのりさん、お知らせありがとうございました。
お礼のコメントもつけずにすみませんでした。

たーたんさんは昨日 菊田一夫演劇賞の授賞式に出席されました。
真っ白なワンピースでとても上品な感じです。
満面の笑顔も素敵です。
受賞の様子が載っていますのでご覧下さいね。

たーたんさん、本当におめでとうございました。

そして、新しい舞台のお知らせです。

7月23日 東京宝塚劇場で行われる
「寺田瀧雄メモリアルコンサート」
に出演されることになったそうです。沢山の宝塚OGの皆さんと
どんな楽曲を聞かせてくださるかたのしみですね。

http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51438987.html

 

ご無沙汰しております

 投稿者:ゆりのり  投稿日:2010年 4月 8日(木)20時02分36秒
  ゆめこさん、おからだの方は大丈夫ですか?

東京の舞台はなかなか観ることがかなわず、私もなかなか書きこむことができずにいます。
菊田一夫演劇賞受賞は、ファンとしてとても誇らしいうれしいニュースでした。

たーたんさんは今、ダウンタウンフォーリーズ公演中ですね。
大阪公演には何とか駆けつけたいと思っています。

それが終わったら大阪松竹座の「愛、時を越えて」でしょうか?
名古屋でも公演があるようですね。

そしてその次になるのかな?
「ガラスの仮面」ご出演が決まったのですね。
姫川歌子役だそうです。

年末にはモーツァルト!も決まってますし、本当にお忙しい!
お体に気をつけて頑張っていただきたいです。

http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2010/p0811.html

 

ご無沙汰

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2010年 4月 5日(月)07時33分49秒
  Dreams Cafeをご覧の皆様、こんにちは。
大変ご無沙汰していまい、申し訳なく思っています。

あるちゃん、「天璋院篤姫」の千秋楽の報告をしていただきながら、
コメントもつけずに本当にごめんなさい。

今年に入り、体調を崩したり家庭の事情で、なかなかPCの前に
座ることも出来なくなっています。
たーたんさんは「天璋院篤姫」の舞台の後も精力的にお仕事をされたり
私たちファンとの交流もされました。
色んな事を皆様にお伝えしたいと思いつつも出来ない事に
管理人として大変申し訳なく思っています。

さて、昨日ですが今年も「DOWNTOWN FOLLIES 」の幕が無事に開きました。
残念ながら私は見に行くことが出来ませんが、
たーたんさんは相変わらず、コントあり、男役ありで見に来た人を楽しませて
下さっているようです。
歌って、踊って、芝居して、早変わりの連続で大変だとおもいますが
最後までがんばって欲しいものです。

そして、そんな今までのタータンさんの頑張りがようやく形に表れました。

たーたんさんはこの度「天翔ける風に」の三条英、「シェルブールの雨傘」の
エムリー夫人の役の演技に対して

『第三十五回 菊田一夫演劇賞』に選ばれました

たーたんさん、本当におめでとうございます。
これからも私なりのスタンスでしっかりあなたに着いていきます。

皆様、思うようにコメント出来ない事も多々あると思いますが、
今後ともよろしくお願いします。

http://www.tohostage.com/kikuta.html

 

天璋院篤姫

 投稿者:ある  投稿日:2010年 2月25日(木)23時55分59秒
  ゆめちゃん みなさん ご無沙汰しています(^^;)

「天璋院篤姫」もあっという間に千秋楽が終わってしまいましたね~私は昨年の大河ドラマにだいぶハマっていたので、たぁたんさんの幾島がとても楽しみだったのですが、あの長いお話をどうやって3時間にするのかちょっと不安もありの観劇でした(笑)

一幕は、篤姫が故郷の今和泉を後にして、島津家の江戸屋敷から大奥に入って家定と夫婦になり、跡取り候補の一橋慶喜と徳川慶福に対面して慶喜の人となりに疑問を抱き、島津斉彬に問いただすところまで。

二幕は、体調の悪化した家定が、寝所で篤姫に跡取りを慶福に決めたことを伝えて、徳川家を託して亡くなるところから、幾島が大奥を去り、変わって和宮が輿入れしてきてから、家茂が大阪城で亡くなるまで。

三幕は、家茂の遺体に対面した篤姫が、毒殺を疑うところから、江戸城の無血開城まで、そして篤姫が亡くなり、夢の中(?)で和宮と一緒に故郷の鹿児島で桜島を見ながら語り合うシーンまで。

たぁたんさんの幾島は…一幕は、幕開きの今和泉を後にするシーンで、篤姫に従って花道から登場し、島津家の江戸屋敷で篤姫が斉彬から密命を受けるシーン、大河にもあった大奥に入ってまもなくの頃に袖口布を付ける付けないで滝山と揉めるシーン、家定との初めての夜が無事に終わるようにと、滝山とお互いにそわそわするシーン、篤姫が一橋慶喜と徳川慶福と対面するシーンに登場。二幕は、斉彬との密約を果たせず篤姫の元を去るシーン、三幕は、江戸城の無血開城直前に、勝との話し合いに向かう西郷に篤姫の事をお願いに来るシーンに登場しました。

最初の登場シーンでは日本髪に打ち掛けをからげて、大奥では打ち掛けを羽織って、最後のシーンとカーテンコールでは着物の上に被布を重ねての登場でしたが、着物姿もとても綺麗で声もよく通って、なかなかの貫禄でした。

今回たぁたんさんを観て改めて思ったのは、やっぱり私はたぁたんさんのお芝居が好きなんだなぁということ。台詞も登場シーンもけして多くは無いのですが、たぁたんさんの1つ1つの細かい表情や仕草に、その時々の幾島の心や、舞台では演じられない時の流れや、想いの重なりが感じられて目が離せないのです。

それに、滝山とのバトルもどんどんヒートアップして、表情や仕草や間がどんどん絶妙になっていって、ついつい声を上げて笑いそうになってしまいました。

今回初めて行った明治座は、入り口に役者さんの登りが並んでいて、たぁたんさんの黄緑に青の大きな登りも風になびいて、ちょっと今までの劇場とは違った雰囲気でした。

幕間も30分ずつ2回もあるので、お弁当を食べたり、お土産物を見たり、お菓子を試食したりと、お芝居だけでなく、幕間も楽しんで下さいね~といった雰囲気で、せっかくなので、お芝居だけでなく明治座全体を楽しませて頂きました。

また明治座に立つ機会が有るのか無いのかは分かりませんが、今までとはちょっと違った劇場で、ちょっとちがった体験が出来た舞台でしたよ。
 

こんにちは

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2010年 2月16日(火)22時57分36秒
  皆様、こんにちは。
たーたんさんの幾島もなかなか好評を得ているようで、ファンとしてとても
嬉しく思います。

たーたんさんは「天璋院篤姫」の舞台に没頭しつつも、次のお仕事にも
すでに着手されています。
3月6日のコンサート。
そして今年も魅せてくれるでしょう「ダウンタウンフォーリーズVOL.7」
こちらは、月刊「ミュージカル」の取材があったようで、
歌穂さんのブログに出演者4人の写真が載っています。
http://kahoshimada.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-d54b.html

また、先日「ダウンタウン~」の地方公演のひとつ、京都芸術劇場より
是非ご観劇をとわざわざご連絡を頂きました。
残念なことに、私は今回も観劇は難しいのですが、お近くの方は京都へも
桜の季節に京都見物を兼ねて、足をお運びくださいね。

http://www.k-pac.org/performance/20100417.html

 

本日初日!

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2010年 2月 4日(木)13時45分11秒
  皆様こんにちは。
あっという間に立春を迎え、本日たーたんさんは宝塚退団後初の本格的日本物
「天璋院篤姫」の舞台初日です。

たーたんさんは日頃からお着物でお稽古にのぞまれ、新たな一面を見せてくれそうです。
お稽古場での様子が公式HPとオケピ管理人さんのブログに写真入で載っています。
お稽古場から真剣勝負のたーたんさんに惚れ惚れします。

また、宝塚スカイステージでは遠野あすかさんとのインタビューも放映中です。
ご覧になられる方はお見逃しなく・・・

私は、PCの前で応援しています。

http://okepi.jp/kangeki/2010/01/20100127.html

 

ご無沙汰しています

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2010年 1月14日(木)13時40分48秒
  「Dreams cafe」をご覧の皆様、こんにちは。
新しい年があけ、年始のご挨拶もせず大変申し訳なく思っています。
昨年は私事で、いろいろと大変な事があり、6年以上勤めた仕事も代わり
最後は、PCが壊れ、携帯も壊れて散々な年明けとなりました。

このお正月休みを利用して、とうとうPCを買い替え、新しい職場にも
慣れて、ようやく日常を取り戻しつつあります。

そして、たーたんさんは本日「シェルブールの雨傘」の大阪初日です。
なんとか初日に間に合ってよかったと思っています。

東京公演の時には、あるちゃんが詳しい報告をしてくれました。
いつも彼女には支えて貰って感謝しています。
あるちゃん、ありがとね。

今年も、私事でちょっと大変な事を抱えていますが、
皆様のお力を頂きつつ、たーたんさんの舞台に励まされつつがんばっていけたらと
思っています。
たーたんさんの舞台も目白押しに控えています。
時間の許す限り、ネットでタータンさんの活躍を追いかけたいと思っています。

  ご挨拶が遅くなりましたが、
         今年も皆様、よろしくお願いします。

全国的に寒波が襲っていますが、皆様お気をつけくださいね。
 

謝先生ワールド(^_-)

 投稿者:ある  投稿日:2009年12月13日(日)21時13分17秒
  シェルブールの雨傘は~私的には謝先生ワールドだと思います~♪

傘の群舞が出てきたり、とにかくシーンとシーンの間はずーっとアンサンブルさん達のダンスなんだけど、よく見ているとただ踊っているのではなくそれぞれドラマがあり、しかもダンスも凄いリフトが沢山あって見応え十分でした~さすが謝先生ですよね(^_^)v

天翔で怪我のため踊っていなかったお兄ちゃんもバリバリ踊ってますよ~強いて言えばマダムエムリーが踊っていないのが残念ですが(^^;)

話は変わって~

来年6月の舞台、私もびっくり~りかちゃんの相手役なんですものね~(^^;)細川ガラシャはたぁたんさんで観てみたい役だけど、いったいどんな舞台になるのやら~楽しみだけどちょっと不安だったりして…(笑)

来年は滝山とガラシャか~その後も日本物が続いたりするのかしらね~?
 

お知らせ

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2009年12月10日(木)12時42分15秒
編集済
  皆様、こんにちは。
気の早い話ですが、来年6月のたーたんさんの予定がわかりましたので
お知らせします。

なんと宝塚同期の紫吹淳さんとの共演です
大阪松竹座 6月公演
「愛、時を越えて~遙かなる時空の運命(さだめ)」
2010年 6月4日~6月20日まで
ポスターが載ってますのでご覧くださいね

この公演は以前、貴城けいさんが宝塚退団後初の舞台で主演されたものの
再演のようです。
前回の舞台のあらすじがありましたので転記します。
たーたんさんは、紫吹さんの相手役ですね(^^;)

決して結ばれるはずのないドラキュラとガラシャ……

絶大なる権力者、太閤豊臣秀吉がこの世を去った。
絢爛たる安土桃山の御世も、次代を窺う権力者達によって激動の時代を迎えていた。
そんな折――難破した南蛮船から、楔が突き立てられた忌まわしき棺がこの国にたどり着いた。
その棺こそ、かつて西洋の国を震撼させた吸血鬼ドラキュラが封印されしもの。
「この封印を解き我を復活させし者。汝の夢を叶えん……」
ドラキュラの怨念が篭るその棺の封印を解いたのは――
秀吉の意志を継ぎ、この国を世界の全ての富が集まる夢の国にせんと企む石田三成であった。
復活したドラキュラは、政敵・徳川家康との戦いに三成が勝利すべく暗躍し、
昼間は謎の芸人・出雲お国と姿を変え、その邪悪な妖気をふりまく……。
しかし、ドラキュラは自分の妖気を萎えさせる純白の祈りに心が揺らぐ。
その祈りの主は薄幸の美聖女・細川ガラシャであった。
天下分け目の関ヶ原の戦いは今しも始まろうとしていた――。

http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/1006/index.html

 

追加

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2009年12月 9日(水)22時07分8秒
  今ほど、ネット徘徊をしてみつけました。
朝日ネットに舞台批評が出ています。なかなかいいです。
是非、こちらもご覧下さい。

http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200912070072.html

 

こんにちは

 投稿者:ゆめこ  投稿日:2009年12月 9日(水)21時59分5秒
  皆様、こんにちは。

あるちゃん、早々に「シェルブールの雨傘」の報告をして頂きありがとう。
PCが壊れて依頼ぜんぜん、情報が見れない生活を強いられています。

今日は主人が早く帰ってきてPCを貸してくれたので、こうして書き込みしてます。
PCの無い生活ってこういうときは結構つらいものがありますね。

さて、公演ですがたーたんさんはなかなか難しい歌も歌いこなしていて
上品で、綺麗なお母さんみたいですね。
あるちゃん、やっぱり謝先生ワールドでしたか?
なんとなく雰囲気は宝塚時代の「凱旋門」のオープニングをイメージしたのですが
違ってたらすみません。
「シェルブールの雨傘」の公式に初日挨拶の様子が映像で見れますのでご覧くださいね。

PCのチェックもなかなかできませんが、よろしく御願いします。
 

レンタル掲示板
/8