teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:125/1643 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サッカーの神様

 投稿者:代表  投稿日:2017年 3月15日(水)15時22分48秒
  通報 返信・引用
   皆さんはサッカーの神様なんているはずがないと思っているかもしれませんが、私はサッカーの神様は絶対にいると思って信じております。
 テイヘンズで初めて三冠(新人戦、若葉旗、全日本)を取ってくれた子供達の卒団式が済んでから、10日間が立ちましたがサッカーの神様に愛された子供達だったのではないかと思っております。
 特に全日石川県予選決勝で、同点ゴールを決めた4番心キャプテンと9番貴大選手の二人とも5年生までは先発で試合に出ることのない控え選手でした。
 9番貴大選手は毎朝の練習でドリブルや足元の技術を磨き、練習のない日には遠藤塾に通い、6年生の若葉旗で先発としてデビューして活躍しました。
 4番心キャプテンは5年生の後半から先発選手としてチームを引っ張ってくれましたし、練習日でない時は兄たちと一緒にロングシュートや一対一の練習で技術を磨いていたような気がします。
 毎日の積み重ねてきた努力が全日準決勝、決勝の同点ゴールにつながったと思いますし、サッカーの神様がくれた今迄の努力に対する贈り物だと思っております。
 石川県大会では勝てましたが、鹿児島での戦いは通用するプレーもあり、善戦して互角以上の試合をしましたが結果的には3敗で予選リーグ敗退でした。
 これはサッカーの神様が今まで以上の努力をしなければ、贈り物はできませんよ、もっと練習して上手くなって下さいよとの忠告だと思っております。
 全国大会のフレンドリーでチーム全員の応援を受けての15番達基選手の得点もムードメーカーで努力していた君への神様の贈り物だったと思います。
 次に贈り物を受ける子供は誰なのかなと楽しみにしております。
 中学に進んでもサッカーを楽しんでください、期待しております。
 
 
》記事一覧表示

新着順:125/1643 《前のページ | 次のページ》
/1643