teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ES9018(0)
  2. Hello(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


EM-DAC 4497Quad 配布開始

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 4月 9日(日)15時22分57秒
返信・引用
  EM-DAC 4497Quad 配布開始いたしました。
http://www.geocities.jp/aaa84250/HAIFU_82.htm
 
 

EM-DAC 4497Q 配布予定

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 4月 6日(木)21時11分22秒
返信・引用
  新規DIR基板 DIR6と同時配布予定のEM-DAC 4497Qですが、動作確認OKとなりました。
DIR6使用でDSD512再生も確認しました。
肝心の音ですが。
最高に良いです。
私はあまり音に関して個人見解を書かないようにしていますが。。。
今回は記載しようと思います。
AK4497は解像度の良い音なのはお判りと思いますが、解像度の向上に加え音の臨場感が増し楽器の演奏時の位置が判るような臨場感が感じられます。
皆様も満足する音と思います。

前作、EM-DAC4497DQを入手済の方向けにDIR6基板のみの配布も行います。
DA基板、SW基板のソフトウエアー変更とDA基板に配線追加2本の改造が必要となります。

ソフトウエアーのバグ確認が終わりましたら配布開始予定です。
最終版ではありませんが下記が基板情報です、参考にどうぞ
http://www.geocities.jp/aaa84250/EM-DAC_4497Q.html
 

新規DIR基板 DIR6 

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 4月 4日(火)12時50分44秒
返信・引用
  新規のDIR基板 DIR6の動作確認中です。
AK4497ではDSD512再生対応ですが、今までのDIR基板は、AK4137を必ず通る設計の為DSD512再生は出来ませんでした。
AK4137でDSD512再生可能と言う情報もありますが間違えです。
DSD512(DCLK22M)ではひずみが非常に大きいので実用になりません。
今回のDIR基板は、AK4137を迂回(バイパス)させUSBでのDSD512ネイティブ再生対応とした品です。
動作確認中ですが、搭載ソフトを新規製作した為、動作確認に時間がかかりそうです。
動作確認出来ましたら配布します。
またAK4497Q基板を同時配布します。
4497DQの回路を変更してAK4497のHLOAD機能を生かす回路構成へ変更した品です。
AK4497、4個使いのQとして配布する予定です。

 

EM EXT ADP USB配布開始

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 3月21日(火)18時23分36秒
返信・引用
  EM EXT ADP USB配布開始しました。
http://www.geocities.jp/aaa84250/HAIFU_81.htm
 

EM EXT ADP USB配布予定

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 2月28日(火)17時16分3秒
返信・引用
  EM EXT ADP USB配布予定です。
最近の当方配布DIR基板についているEXT入力(HDMIコネクター)部に接続して使用するアダプター基板です。
USBモジュールを2つ実装できる品で、入力USBはスイッチで選択可能です。
EXT入力は、活用方法未定で接続品を出していませんでしたが、色々検討してUSB入力が使い勝手が良いと思い採用です。
USB入力信号のPCM/DSDを判断してPCM/DSDのFS情報を出力できる品にしました。
使い方によっては当方DIR基板以外でも使用できるかと思います。
近日中に基板発注予定で3月中ごろ配布予定です。
 

Re: 4497SHP

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 2月17日(金)12時20分24秒
返信・引用
  > No.1875[元記事へ]

しげるさんへのお返事です。

試作、動作確認で使用した品は、部品表に記載しております。
秋月の品ですが、日本製高信頼コンデンサー採用品を使用しています。
容量的には、24V、1A以上品なら使用できます。

基板内でノイズ削減回路採用していますので外部電源はそれほど気を付けなくても良いと思います。

 

4497SHP

 投稿者:しげる  投稿日:2017年 2月17日(金)11時22分36秒
返信・引用
  いつも素晴らしい製品を企画・作成・頒布いただき、有り難うございます。
さて、当該製品は24V入力となっていますが、ACアダプタなど、電源のオススメ、留意点はありますか?
 

4497SHP DSD512再生

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 2月 8日(水)17時02分8秒
返信・引用
  新作の EM-DAC 4497SHPのUSB入力にはAmanero Combo384を搭載可能ですが、
初期動作確認時にDSD512再生でノイズが出ていました。
よって配布ページの説明でDSD512再生不可と記載しておりましたが・・・
なぜ再生出来ないのか判らず調査をつづけていました。
結果、無事DSD512再生出来ました。HPの説明もDSD512再生可能と修正しました。
原因は・・・動作確認に使用しているPCの能力不足でした。
最新のPCに変え、foobar2000でDSD512出力で問題なく再生できました・・・
まさかPCとは思わず遠回りしていました。
配布発送品でDSD512再生可能です。
 

Re: 4497SHPについて

 投稿者:EMISUKE  投稿日:2017年 2月 3日(金)22時20分56秒
返信・引用
  凪さんへのお返事です。

ご指摘通り、今回DC-DCコンバーターを採用しました。
理由は、
1、基板面積縮小、小型化
2、今後の当方採用電源回路の実験、検討。です。

まず、SW電源に対する誤解が多くオーディオには向かないと思われている方も多いかと思います。
一般に電源トランス出力を整流してDC電圧を得ていますが、SW電源も原理は同じです。
ただ違うのが、電源トランスでは50/60Hzを整流するのに対し、SW電源では数Kから数十KHzと高周波を整流する違いです。
整流後に高周波ノイズが出やすいのが欠点であります。
ただ、機器の小型化、電源効率向上では大きな利点があります。
今回は、実験を兼ねて採用した回路です。
高周波ノイズ低減目的でSW電源後にシリーズ電源を入れています。電圧降下が大きい設定にすれば高周波ノイズも取れるかと思い採用した回路です。
また使用するDC-DCも厳選した高級品を採用しました。
6面シールド品で放射ノイズが小さい品を使用しています。
結果的には、今回の回路は正解でした。
安物のプラ品、裸品ではここまで良い結果は出ないのでは!?と思っています。
無信号雑音、SN、ひずみなど非常に良い値です。
今後は高級DACにも採用するよう検討したいと思っております。
 

4497SHPについて

 投稿者:  投稿日:2017年 2月 3日(金)21時59分46秒
返信・引用
   4497SHP、こんな企画を待っていました(早速申込させていただきました)。4490SHPが発表された時に、AK4497を使ったもので同じ企画があったらと思っておりました。EMISUKEさん、ありがとうございます。

 ところで今回の4497SHPは、今までのEMISUKEさんのDAC企画から見ると、かなり方向性が違うと思っています。特に電源は、4490SHPの時でさえトロイダルトランスから得るトランス方式でしたが、今回はACアダプタ、DC-DCコンバータなどのスイッチング方式+三端子レギュレータ(LDOではない)になっていることが驚きでした。特にアナログ回路にスイッチング電源を使うことを嫌う人が多い中、あえて使うことにされたのは、基板を小さく・作りやすく、というほかに狙いやお考えがあるのでしたら、ENISUKEさん、ぜひお話しを伺わせて下さい。
 今後の自作に参考にさせていただきたく、どうぞよろしくお願いします。また製作上、音質向上のためにご助言をいただけると幸いです。

 

レンタル掲示板
/169