teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


RE:しぼれさん 坂井ミノワ

 投稿者:管理人masaki  投稿日:2017年 5月 3日(水)19時06分5秒
  お世話になります。
今年2月に投稿頂いた、茂木市坂井ミノワですが、城ではないと判断します。
レポートはHP内にて。
 
 

犬棒でした。

 投稿者:しぼれ  投稿日:2017年 4月24日(月)15時52分39秒
  御多忙のおり、早々の御調査ありがとうございました。
修行不足、真ん中の一本は立ち止まったのに見逃しでした。


 

RE:しぼれさん 川治の浅間山

 投稿者:管理人masaki  投稿日:2017年 4月22日(土)15時44分8秒
  今日、行ってきました。
間違いなく、城あとですね。
新城の誕生です。
 

川治の浅間山

 投稿者:しぼれ  投稿日:2017年 4月20日(木)21時56分3秒
  表題の小さな急傾斜の山で山頂付近に2本のVゾーンを見てきました。川治は歴史が新しいようなので何ともいえませんが、画像アルバムに30枚ほど貼っておきました。  
    (管理人masaki) 毎度お世話になります。
これは、きっと城だと思います。
行ってきますね。
 

またまたお騒がせかも

 投稿者:しぼれ  投稿日:2017年 2月23日(木)16時09分34秒
  湯殿山ほかお騒がせになってしまいました。m(_ _)m

昨日22日、2カ所目の山腹崩壊地域(茂木町坂井字ミノワ)の上部ピークで尾根に付いた微妙な平地を見てきました。明確な堀がないこと、参道の尾根はだらだら下りで緊張感が薄そうで何ともいえません。一応画像アルバムに50枚ほど貼っておきました。

花粉飛散前のラストで、資料になればよろしいのですが・・・。
 
    (管理人masaki) 毎度お世話になります。
最近、当方の選んだ城を含め、ハズレが連発し、ストレスが溜まってしまいました。
今は、確実に遺構が残っているところを巡っています。
しばらくして、また冒険したくなったら、行ってみたいと思います。
 

RE:しぼれさん2 湯殿山

 投稿者:管理人masaki  投稿日:2017年 2月12日(日)15時34分50秒
編集済
  しぼれさん

湯殿山。
本日行ってみましたが、こちらもダメ(城ではない)ですね。

そもそも、主郭となる神社(祠)のある場所が狭すぎます。
堀のように見えるのは、神社の結界のためのものか、おっしゃるように土取の跡と思います。
 

RE:しぼれさん 花立峠

 投稿者:管理人masaki  投稿日:2017年 2月 4日(土)14時51分24秒
編集済
  しぼれさん

花立峠。
本日帰省中の娘と歩いてきましたが、これは、切通しの道跡と見ました。

一番ダメなのが、堀切の東側斜面が比較的緩いのに、竪堀などの処理がないこと。
また、おっしゃるとおりここには道の跡が繋がってます。
切通し西側はブロック塀となり、舗装道路となっていますが、地形図には、この切通しに呼応するかのように山道の記載があります。
他に遺構もなく、守るエリアを感じられないので、少なくとも城ではないでしょう。

※本日歩いてみると、この切通しの東斜面に多数の林道がつけられています。
伐採用につくられた道路だと思いますが、斜面はガリガリに削られていました。

湯殿山はまだ行けてないです。
 

神楽岡城図

 投稿者:チャーリー  投稿日:2017年 1月31日(火)13時55分48秒
  すてきな図、早速使わせていただきます。
現在の地図や方位盤も設置し、しました。
 
    (管理人masaki) いえいえ、この間、大勢で綺麗な城を見学させていただいたお礼です。
お願いですが、図面を使う場合には当方の名前 作図;渡邉昌樹 と添えてください。
図に責任を持ちたいので。
よろしくお願いします。
 

中世城郭確認

 投稿者:yomoda  投稿日:2017年 1月29日(日)20時50分8秒
  栃木県の城を見に行きます。この資料を参考に。ありがとう ございます。  
    (管理人masaki) こんにちわ。
つたないホームページですが、お役に立てて何よりです。
 

花立峠付近

 投稿者:しぼれ  投稿日:2017年 1月26日(木)22時19分10秒
  一本だけなので投稿を迷ったのですが、やっぱり切通しでしょうか。
北から西に下る尾根上(北西600mぐらいの210mピーク近く)に一か所浅いV溝がありますが、北に下る道形があり、HP「今昔マップ」から1894~1915年の地形図の廃道に一致していたようです。同地形図では今回の場所には破線路等はありませんでした。

花立峠南の274mピークの西側の一段低い支尾根は未踏査ですが、2012年に歩いた南、東の破線路は何もありませんでした。

湯殿山の凹地部分は浅いし、ひょっとしたら石祠の背後の高みを作るための土取りの可能性もあるのかなと・・・。「なかった情報」とした方がよかったかもしれません。
 
    (管理人masaki) 毎度お世話になります。
残念ながら雑用で、今週は調査に行けませんでした。
何はなくとも、現場検証ですね。
今度改めて調査してみます。
 

レンタル掲示板
/52